2012年07月27日

全部載せスペシャルツアー(上)

今朝、広島へ帰ってきました。

ビックリするようなトラブルや信じられないハプニングにも恵まれ、感動に涙し、大いに笑い、叫び、歌い、歩き、そして・・・食べて食べて食べた2泊5日(実質3日)の旅でした。

・・・7月23日(月)・・・

夜、高速バスで東京へ。
つい最近高速バスで大きな事故があったばかりで多少の不安はありましたが、やっぱり費用と時間が節約できるのは魅力ですな。しかし、車中泊慣れしたオイラでもバスでの車中泊は苦手です。

・・・7月24日(火)・・・

朝、新宿駅西口へ到着。
ネットカフェで身だしなみを整え、一旦ホテルに荷物を預けるのがお決まりのコース。それから新宿駅へ戻り、秋葉原を経由して筑波研究学園都市へ。
つくばエクスプレスで研究学園駅に到着し、そこから徒歩で移動です。道路を通るロボットには残念ながら出会えませんでしたが、雰囲気ありますね。

ロボット注意

・・・って喜んでたのは一瞬だけ。駅前のショッピングモール横を通り過ぎると、目の前には目標になるランドマークが何にもなくなり、だだっ広い草むらが広がります。
曇り空で風があったのがせめてもの救いですが蒸し暑さは相当なもので、車で来なかったことを速攻で後悔することになりました。

何もない道

学園や研究なんかと縁のないオイラがどうしてこんな所へやって来たのか。それはもう想像に難くなく、ハニトーのためでございます。
まず1軒目は60cmクラスの大きなパフェで有名なお店。お洒落なカフェでたった一人のランチタイム、まずはオムライスで腹ごしらえです。

オムライス

それからお目当てのハニトー。このお店ではファザットという名前なので、オイラのハニトーサーチではヒットしなかったんだよね。
あ、パフェも思いっきり興味あったんですが、パフェ食べちゃうとその日一日もう何も食べられなくなるので、いつか来るかも知れない次回のお楽しみにしたいと思います。

キャラメルプディング生クリームファザット

まぁファザットにもたくさんの種類があるので、パフェに手が出せる日はなかなか来ないでしょうけどね。今度つくばに来るときは、この地に2〜3日滞在しなきゃなぁ。

そこそこお腹いっぱいになってから、さっき苦労して歩いたばかりの道を引き返します。そして通り過ぎたショッピングモールを訪れ、お目当ては本日2個目のハニトー。
鉄板メニューが美味しそうでしたが、さすがにハニトー以外は食べられませんでした。そして肝心のハニトーですが、キャラメルが練り込まれたデニッシュがぶち美味しかったです。

キャラメルハニートースト

じつは、そのお店の目の前にあるショーケースにも見慣れた物が・・・。広島でも食べられるチェーン店なのはお皿のデザインで判ります。
しかも、広島から姿を消したオイラの大好きな小倉あんバージョンが健在。しかし、さすがに2時間足らずに3個目は食べられません。
・・・うぅぅ残念すぎる。

ショーケース

それにしても、小倉あんだけ『超人気』と書かれてないのが気になる・・・。子供や女の子はあんこよりもキャラメルやチョコレートを選ぶのかな。

まぁとにかく、つくばでの目的はこれにて達成。夜の予定に間に合うように東京へ戻ります。途中、久しぶりに秋葉原でちょっとだけ散策してみましたが、メイドさんを何人か見かけたくらい。
そういえば、汁なし担々麺の看板に「広島風」って書いてありました。たしか先月発売のタウン情報誌に「ご当地グルメ化」の特集があったけど、すでに広島風って呼ばれるようになったのかな。

それから総武線で吉祥寺へ。吉祥寺シアターワンツーワークスの「みんな豚になる〜あるいは蝿の王」を観劇し、アフタートークまでしっかり楽しんだ後、劇場近くのカフェバーで遅めの晩ご飯。
リゾットがメインのお店なので、オススメのカレー味を注文してみた。

カレー味のリゾット

それから、甘めのカクテル飲みながらのハニトー。ボリュームはないし目立った特徴もない感じでしたが、観劇後に軽く食べるならちょうど良いかも。

キューティーハニートースト

吉祥寺から新宿へ戻る電車が人身事故の影響で遅れが出ていました。ハニトー食べに行ってなかったら待ち時間でイライラしてたかも知れませんな。
新宿に戻ってホテルへ。もう日付が変わるって時間帯なので、これ以上のハニトーなんて無謀なことは考えずに休むことにしました。

今回は珍しくホテルに連泊なので、C-PAP(睡眠時無呼吸症候群の治療機器)も持参して熟睡の準備万端。シャワーを浴びてリラックスするとゆっくり眠気がやって来ます。
パソコンを眺めるのもホドホドに、C-PAPを装着していざ眠りの中へ・・・。

すると突然、室内に警報音が響き渡りました。そして「火災検知器が火災を検知した」という機械的なアナウンスの後、「火事です、避難してください」のアナウンス。
慌てて服を着ようとしてると、今度は従業員からの館内放送で「2階(オイラの泊まっているフロア)で水漏れが発生し、火災報知器が誤作動した」とのこと。

火事じゃなくても水漏れがオイラの部屋まで影響しないとも限らないので、部屋の外の様子を窺おうとドアを開けた途端、猛烈な熱気が飛び込んできてビックリ。水漏れではなく、お湯漏れだったのね。
廊下は炎と煙ではなく、高温の蒸気が充満してました。視界は1メートル前も見えないくらい蒸気で真っ白。

ホテルの廊下

火事ではないとのことで一安心していると、またしても警報音と「火事です」のアナウンス。その後、警報は断続的に鳴るものの従業員からの放送がないので、さすがに大丈夫なのかと心配になって避難経路を確かめ、貴重品だけ携えて外に出ることにしました。
蒸気の中に飛び出し、避難口を目指して走って外に出てみると、それっぽい騒ぎになってます。

ホテルの外

ロビーに入ると、フロントやエレベータ前、そして朝食が供されるスペースも天井から水が流れ落ちてる始末。ホテル側からの明確な情報説明がないので、さすがに宿泊客から怒声が聞こえてきます。
オイラは大人しく説明を1時間くらい待ってましたが、ようやく「(2階の水漏れなので)3階以上は大丈夫、2階の宿泊客は池袋へ移動してくれ」とのこと。

ホテルのロビー

部屋に戻って移動の準備を済ませ、部屋の外に出たら今度は「6階に代わりの部屋を用意した」と言われ、エレベータが点検のため使えないので6階まで非常階段を上ることになりました。

部屋でシャワーを浴びなおし、C-PAPをセッティングし直したけど、今度はなかなか寝付けません。また、いつ警報が鳴るか判りませんからね。
そして、ようやく就寝できたのは4時過ぎくらいかな。想定外のアクシデントで、散々な夜になりました。
posted by ばりさく at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2012年07月01日

ハニトーツアー in うどん県

丸亀出張から帰ってきたばかりですが、行ってきました香川県。
ゴールデンウィークの四国縦断ツアーで香川県をスルーした理由は、今回の予定があったから。じゃなかったら、無理してでも立ち寄ったでしょうな。

さて、まず最初の目的地は、まんのう町にあるパン屋さんに併設されたカフェ。早速ハニトーの1個目をクリア。



食べ終わるとUターンして善通寺へ。次の予定まで時間があったので、善通寺(お寺)へ行ってみることにした。
お隣にミニ八十八ヶ所巡りができる山があったので、何気なくチャレンジ。



数分も経たないうちに自分の浅はかさを呪う羽目になろうとは・・・。引き返すのも癪なので、頑張って登り切ることにしました。
雨よりも激しく流れる汗を拭いながら、ゼェゼェハァハァ苦しんでいたら自宅から着信。何事かと思ったら「洗濯機の中蓋が吹っ飛んだ」だってさ。



八十八ヶ所巡りは最初から放棄して山頂を目指して歩を進めていたら、ついに目の前が開けて頂上に到着。そこで待っていたのは・・・地味すぎ。



カタルシスを得られないまま下山して、善通寺へ。世界平和を祈るためにお線香を買おうとしたら・・・財布を忘れてた。



四国学院大学での観劇を終え、休む間もなく観音寺へ。目的地はお寺ではなく、もちろんハニトーです。
まずはオムライスで腹ごしらえ(何の?)。



それからハニトー。



ハニトー食べ終えたら、すぐにUターンして高松へ。でもお目当ての店はすでに営業を終えてしまってました。
お腹いっぱいってわけじゃないけど、腹減った・・・ってレベルでもないので、この日のカロリー摂取はここまでで終了。

翌朝、本場の讃岐うどんでスタート。釜玉うどん美味い!



フェリーで小豆島へ。今回は観光の時間がなく、ハニトー食べたらトンボ返りなので高松港に車を置いて人間だけで行くことにしました。



乗船したらすぐに睡魔がやって来て、気がついたら到着の時間。船内放送で流れる瀬戸の花嫁、妙に懐かしかったり。



目印のカエル像まで歩き、さらに歩いていくと目的地のカフェに到着です。ホームページには午前11時オープンと書いてあり時間潰しを覚悟してましたが、10時からオープンしてるとのことでタイミングがドンピシャ。



オリーブ農園が経営しているカフェなので、オリーブオイルを使った料理がメインです。まずはスープパスタを食べました。



それからハニトー。エキストラヴァージンオイルを使ってるのが特徴です。
期待どおり美味しかったなぁ。



雨が小降りになるまでマッタリ寛いでから、フェリーに間に合うよう帰路へ。今度は車で来ていろいろ見て回ってみよう。

高松に戻り、少し港近辺を散策してから最後の目的地へ。昨夜は営業時間外で食べられなかったお店を再訪し、今度はちゃんと食べることができました。
いつもと違うタイプのハニトーに出会うのも楽しみの一つですね。



フレンチトーストのお店にも行ってみたかったけど、胃袋の悲鳴が聞こえてきそうだったので今回はここまで。瀬戸大橋を渡って本州へ戻り、そのまま山陽道で広島へ。



このツアー中、最後の最後でようやく太陽の光を見たような気がします。



広島に戻ってから、晩ご飯はお好み焼き。炭水化物ばっかりじゃん。
posted by ばりさく at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2012年06月03日

カロリーアルバム

倉敷から帰ってきました。

今回は一昨日の夜に広島を出発して、博多で観劇+ハニトー、小倉で観劇+ハニトー、倉敷で観劇+ハニトーというワンダフルな旅程でしたのよ。ちなみに先週は博多で観劇+野球+ハニトーというエクセレントな組み合わせでございました。

そんなわけで、先週末からのカロリー写真をいくつか載せてみたいと思います。

まずは先週から。山賊で腹ごしらえをしてから、一般道で九州を目指すよ。

山賊

博多駅の情報はガセネタだったらしく空振り。気を取り直してこの日最初のハニトー。
ま、結局は最後のハニトーだったけどね。

ハニートースト

ヤフードームでの野球観戦、さらに観劇を終えてから夕食前のデザートタイム。アイスを食べながら、夕食に何を食べようか考え中。
ま、さすがにこの時点でハニトーは選択肢から消えてましたね。

アイスクリーム

エスニックなメニューを考えてたんだけど、お店を探すのがたいぎいので近場で普通にご飯を食べてみた。

ステーキ炒飯

日曜日の昼前に広島へ帰着。夕方の観劇後、ドライブがてら東広島へ。

魚介類のパスタ

およそ一年ぶりのハニトー。前回は貸切で食べられなかったんだよね。

ハニートースト

そして今週。先週と同じ時間に同じお店でハニトー。
ただしハニトーの種類は違います。おっ、これでこのお店のハニトーは全品制覇だ。

ハニートースト

博多でのマチネを観劇後、ハニトーのお店を探して歩き回ったんだけど、またしても道に迷ってしまいました。先週は辿り着くのに苦労したけど、今回は行きたくないのに気がついたら天神にいましたよ。

小倉に移動しソワレを観劇。それから中間市にある居酒屋へ車を走らせ、炭火焼きや麻婆茄子を肴にノンアルコールカクテルを一杯。

鳥の炭火焼き

もちろん、シメはハニトー。お勘定の時、店長さんらしき人に「もしかしてハニートーストがお目当てでいらっしゃったんですか?」と尋ねられました。
おやおや、そんなオーラが出てたんですかねぇ。

ハニートースト

小倉から広島を素通りして倉敷へ。もちろんオール一般道ですよ。
途中、本郷で牛丼を食べたんですが、薄い肉が一枚入っただけのタマネギ丼でした。あそこ、ホントに味が落ちたなぁ・・・。

さて、倉敷で観劇を終えてからカフェでハニトー。これにて今回のミッションはコンプリートですな。

ハニートースト

美観地区を散策しながら友人と電話で話してて、以前連れて行ってもらったラーメン屋に行くことにしました。

ラーメン

・・・ちょっと食べ過ぎたかな。

明日から、節制と摂生に努めたいと思います。
posted by ばりさく at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2012年05月06日

遊び過ぎ&食べ過ぎ

今回の大阪までのプチ旅行、主目的は大阪での観劇でしたが、道中でハニトーツアーを敢行。ハニトーは前回のエントリーで紹介したので、それ以外を簡単に・・・。

〜5月1日〜

午前2時前に自宅を出発。広島市内で給油を済ませ、しまなみ海道を通って四国へ。

夜明けとともに大失敗を冒していることに気づき、いろいろ悩んだ挙げ句に作戦続行を決断。まずは今治でハニトーを食べ、それから松山でハニトーを食べ、さらに松山空港でハニトー。



それから南下を始めましたが、今回は岬巡りではないので早々に東へ進路変更して高知方面へ。高知市内でハニトーを食べ、おまけにもう一つハニトー。
ここでタイムアップ、いや正直なところギブアップ。強風波浪の雨降る夜、高知海岸で車中泊し2日目へ。

〜5月2日〜

朝から桂浜を散策。前回は足摺・室戸の岬巡りで時間がなく立ち寄らなかったので、桂浜は以前勤めていた会社での社員旅行以来です。



とりあえず坂本龍馬の像には行ってみるよね。



お土産を買い込んだり闘犬を見たりしてたらお昼になっちゃいました。しかし、なかなかお腹が空かないので、とりあえず高知市内のスーパー銭湯へ。
ジャグジーでリラックスしたら少し胃腸が回復してきたので、そこの食堂で鯨のソースカツ丼を食べてみたんだけど、味噌汁が美味しかった。久しぶりの塩分が五臓六腑に染み渡る感じがしたよ。



徳島への道中、ちょっと寄り道して大歩危小歩危へ。以前ここで渓流下りの船に乗ったことがありますが、この日は天気が悪いので徳島ラーメンを食べただけ。



徳島に到着したのは午後8時過ぎ。夕食はお洒落なカフェダイニングで満席でしたが、席が空いたらケータイに連絡してくれました。
個室みたいなところを用意してくれたので、シシ(串焼き)とトムヤムクン、ノンアルコールカクテルでまったり・・・。ハニトーは4種類くらいあったので、また来てみたいな。



これにて四国での任務完了。神戸淡路鳴門自動車道で本州へ戻る途中、パーキングエリアで車中泊し3日目へ。

〜5月3日〜

明石海峡大橋を通って本州へ。この日は大阪で観劇2本の予定です。
まず甲子園近辺のハニトー情報をチェックに行ってみましたが、お店がないんでやんの。そのまま大阪へ入り、まずは阿倍野で庭劇団ペニノのマチネを観劇。
その前に、ハニトーではなくシロノワールで腹ごしらえ。



梅田へ移動して劇団新感線のソワレを観劇した後、そのまま神戸方面へ移動してネットカフェで休むことにしました。そんなわけで、大阪でのハニトーはゼロ。
その他の食事も、コンビニだったりハンバーガーだったりラーメンだったり・・・。

〜5月4日〜

六甲山の麓で唐揚げランチとハニトーを食べたので、そのまま六甲山をドライブすることにしましたよ。しかしまぁ、生憎の空模様なのが玉にきず・・・。



明石近辺の渋滞を避けるため、六甲山を下りてから一旦北上してから西へ。姫路で以前行ったことのあるレストランに行ってみたら、ハニトーがメニューから消えてやんの。
もちろんそんなお店に用事はないので、スルーして岡山へ。

今回の旅行のラストを飾るハニトーの前に、ハンバーグやらピッツァやら・・・。



最後に友人の墓参のため赤磐方面へ。墓参が終わった頃には日付が変わっておりました。
広島に戻る途中、金光付近で力尽きて仮眠をとり、広島に到着したのは翌日の午前9時ってところです。

そのまま島根の田舎へ帰り、軽く木々の伐採をしてからトンボ返りし、レイトショーで映画2本をハシゴして、ようやく自宅のベッドに倒れ込みました。布団で眠ったのは5日ぶりですな。
さすがに疲労困憊、しかも体重激増な連休でした。チャンチャン。
posted by ばりさく at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2011年09月25日

鳥取紀行『鳥の演劇祭4』

鳥取から帰ってきました。早速ですが、今回の旅程を簡単にご紹介。

9月23日の9時に広島を出発。もちろん高速道路なんて無粋なルートは一切使わず、一般道を北上して鳥取方面へ向かいます。



途中、ハニトーを食べるために米子に寄り道。鳥取で検索してヒットするのが1件だけなので、オイラの求めるタイプでないことを承知で行ってみたんですが、なかなか美味しかったですよ。
パンバイキング食べてみたい。



鹿野に到着し、受付開始時間まで休憩っていうか仮眠。その後、20時より「剣を鍛える話」を観劇してから鳥取市内へ移動し、ネットカフェで一泊。
翌24日の8時過ぎに出発し、コンビニで朝食を摂ってから前日と同じ駐車場で仮眠。

13時よりアンドロイド演劇「さようなら」を観劇した後、鳥のカフェで少し遅めのランチ。野菜カレーと鳥のバーガー・・・カレーは美味しかった。



その後、近所を少し散策してからクルマに戻って仮眠していると、劇場と反対方向から何やら笛の音が聞こえます。行ってみると、何やら怪しげな虚無僧の集団が!



16時30分より「土地/自傳」を観劇。終演後、鳥の劇場[スタジオ]で催された鳥取緑風高校生徒たちによる自作脚本のリーディングを拝見し、19時30分より「ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶」を観劇。

鳥のカフェで何か食べられるかと思ったんだけど開店休業みたいな感じだったので、出発して近くにある喫茶店で夕食。こちらも閉店間際だったらしく、ご飯がないとのことでしたが焼きそばを作ってくれました。
ま、それだけじゃ物足りず、米子まで走って牛丼チェーンでお腹を満たすことになりましたが・・・。



お腹が満たされたので、そろそろ南下。鳥取と広島との県境付近の中国山地で車中泊を決め込みます。後部座席を倒して毛布を被り、ムーンルーフを開けて星空を見上げると、木星が一際明るく輝いていました。
起きたときが出発時間・・・というわけでガッツリ眠り、クルマが再び走り始めたのは5時くらいだったかな。朝日が顔を見せたとき、ちょうどお気に入りのDVDで「朝陽の中で」の演奏を聴いてたのでテンション上がりまくり。



・・・んで、7時30分頃に帰着したんですが、このエントリーを書いた後は休む間もなくシャワーを浴びて出かける準備です。今日も広島で2本お芝居を観ることになってます。
地元の劇団にも頑張ってもらわなきゃね。

さて、まとめて書いてみると、食べて寝て運転してお芝居観ただけですな。それに「我ながら元気だなぁ」って思った反面、『仮眠』がやたら多いのに気がついて「やっぱ歳だよなぁ」って思い知らされたような気が・・・。
posted by ばりさく at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2011年08月16日

一人旅ふたたび(後編)

ネットカフェのフラットシートで久しぶりにしっかり眠り、この日は名古屋でハニトー尽くしと参ります。

まずは1軒目、栄にあるお洒落っぽいカフェに行ってみました。パスタのランチにちょっとだけ心惹かれましたが、お値段高めだったのでパスしてハニトーのみ注文。
黒糖パンが選べたので迷わずチョイスしましたが、なかなか美味でしたよ。



お次は15分後、近くにある2軒目のカフェへ。ここはランチメニューがメインでハニトーだけ注文する雰囲気ではなかったので、タコライスのランチとハニトーを食べました。
サイズがコンパクトで、見た目も可愛らしい感じですね。



名古屋中心部は駐車場代が高いので、用事が済んだらとっととクルマへ戻って走り出します。とりあえず3軒目はちょっと離れたところにしようと思って、春日井市へ移動。
雑貨屋さんと併設されたカフェに到着したら、ちょうどティータイムのせいか駐車場がいっぱい。仕方ないので近くのコンビニで時間潰して、1時間後に再アタックを敢行です。

そしてハニトーとご対面ですが・・・縦切りバケットのタイプは初めてですな。某グルメサイトのレビューからある程度覚悟はしていましたが、それでもやっぱりちょっとガッカリ。



名古屋に戻って、またまたお洒落っぽいカフェへ。ここはネットの情報で間違いなくハニトーがある店だったので楽しみにしてたんだけど、残念ながら品切れだってさ。
ガッデム!

仕方ないので、お店の名物らしいアップルパイを食べてみました。美味しかったですが、リンゴの味がちょっと弱い印象です。



またまたクルマで移動して次のターゲットへ。しかしディナータイムで混雑してるように見えたので、時間をずらすことにしました。
スーパー銭湯でリフレッシュしてから、再度の訪問。ここでようやく、オイラの求めるハニトーらしいハニトーに出会えましたぞ。



最後にもう1軒行ってみたら、またしてもバケットタイプに遭遇。バケットをクリームで挟んで重ねていくスタイルですな。
とりあえず体が動物性タンパク質を欲してたので、ハンバーグのプレートを食べてからのデザートにしてみました。



これにて名古屋でのハニトー探索は終了。名古屋近辺でリストアップしたお店は全部クリアになりましたが、豊橋方面に行けなかったのが少々心残りだったかな。
まぁまたいつかチャレンジしましょう。

それにしても、小倉トーストの街なのに小倉あんバージョンに出会えなかったな。

さて、ラストアタックを終えた頃に日付が変わり、そのまま名古屋を脱出。しばらく走って伊賀のあたりで休憩し、さらに走って京都へ。
それから徐々に北上して、福知山のパン屋さんでこの旅最後のハニトー。まだ午前9時なのにイートインスペースがすでに満席で、しばらく待つことになりましたがちゃんと再会してきましたよ。



なんか大人気で飛ぶように売れていくパンがあったので、ハニトーの後に買ってみた。大きめのフランスパンにガーリックバターと明太子バターがたっぷり塗ってあって、食べ応えがあるし美味しい。
運転しながら立て続けに2本を平らげてしまいましたが、さすがにお腹いっぱい。



そうそう、ハニトーを食べながら今回の旅を振り返ってたんですよ。そうしたら、今さらながら「あれ?もしかしたら夏の過ごし方間違ってる?」って考えが頭をよぎったんです。
これだけの都道府県を走破しながら(都道はないけど)、ご当地の名物などまったく食べてないし、観光もお伊勢参りくらいだし・・・。

そんなわけで、次の目的地が決まりました。

よし、海へ行こう!



やって来たのは鳥取砂丘近くの海水浴場。一昨日は太平洋でしたが、今日は日本海が目の前に広がってます。
水着を持ってきてなかったので、とりあえず足だけ海に浸して自称「海水浴」。



波打ち際を歩いてたら、強い波がオイラにぶつかってバシャーン。結局頭から海水を被って体中砂だらけになったりしましたが、熱くなった砂浜を裸足で歩いてみたりして、キャッキャ言いながら遊んでたような・・・。

この休みはどこへ言ったか尋ねられたら、堂々と「海に行きました」と答えちゃうぞ。

そんなこんなで、中国山地で最後の車中泊をして、予定より半日遅れでお盆休み最終日の朝に帰宅。さすがにちょっと疲れたみたいです。

とりあえず、当分の間はハニトー断ち・・・しよっかな。
posted by ばりさく at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2011年08月13日

一人旅ふたたび(前編)

12日からお盆休みなので、先々週に思いついた作戦を実行に移してみた。

市民球場でのカープ勝利の余韻がまだ冷め切らない午前1時に自宅を出発。前回同様、今回も一般道オンリーで、ひたすら西へ向かって走ります。
睡魔が襲ってきたらクルマを停めて仮眠をとり、目が覚めたらまた走り出す・・・そんな繰り返しで、到着したのは西宮。

最初の目的地は、昨年も来たことがあるヨットハーバー。まずはここでハニトーを食べながらティーブレイクと洒落込みました。



すぐ近くに甲子園球場があるんですが、母校が出場してないので興味なし。華麗にスルーして大阪方面に直行し、そのまま大阪湾沿いを南下して前回断念した和歌山を目指します。

和歌山市内の居酒屋で、本日2個目のハニトー。ついでに串焼きの盛り合わせとあんかけ豆腐を食べましたが、ちょっと塩が強かったかな。お酒には合うのかも。
ハニトーの有塩バターもパンチが効いてて美味しかったです。



さらに南下して目指すは紀伊半島の先っぽ。この日の最終目的地である潮岬に到着したのは午前3時過ぎでした。
ちょうどペルセウス座流星群の時季なので、ここで夜空を見ようと決めてたんだよね。



月を背に北向きで星空を見上げると、カシオペアとペルセウス座が良い感じに視界に入ります。人工衛星がオリオン座の方へ移動していくのを眺めたりしながら、夏の天体ショーをしばし鑑賞。
それから夜明けまで1時間くらい仮眠して、潮岬へ。

そう、ここは本州最南端。
周辺の望楼の芝はキャンプ場になっていて、たくさんのテントが並んでいました。キャンプっていうか野宿気味な人たちもチラホラ。
あ、オイラも人のことは言えないか・・・。



クレ崎の向こうに広がる太平洋。思わず「海!」と叫んじゃいます。



潮岬は西側にあるので、朝日よりも夕日のスポット。とりあえずお日様と海が見えるポジションまで移動しました。
今日も暑くなりそう・・・。



そのまま紀伊大島に渡って、東側にあるもう一つの灯台へ。



ここはトルコとの縁が深いらしく、記念館や軍艦遭難記念碑、それにトルコの民芸品のお土産屋さんがありました。お土産屋さんが朝早くからオープンしてたので、ナザールボンジュ(邪視除け)を買ってトルコアイスを食べてみた。



午前7時を過ぎて、ようやく本格的に移動を開始。この日は紀伊半島の東側を北上して名古屋を目指します。
三重県に入ったところで再度ハニトー検索を実施したんだけど、三重県内の情報が一つもヒットせず。

何か興味をそそられるようなスポットとの出会いを期待して、海沿いやら山間部やらを走ってみたんですが、残念ながらこちらも希望は叶えられず。



このままじゃ三重が完全にただの通り道で終わってしまうので、伊勢神宮に立ち寄ってみました。



まずは外宮から。あんまり人が多くなくて意外に静か。



通りすがりの人たちが、何やら手をかざす石がありました。最近流行のパワースポット?



外宮を一通り回ってから、クルマで移動して内宮へ。さすがにこちらは外宮とは比べものにならないくらいの人で賑わっていますね。



何とか三重での観光ができたので、あとは名古屋を目指すだけ。何度か襲ってくる睡魔によって休憩を強いられ、無事に名古屋に着いたのは午後10時くらいでした。

今夜は車中泊ではなく、ネットカフェで休むことにします。
posted by ばりさく at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2011年07月30日

無計画旅行その3

自宅を出てすでに5日目。少々お疲れモードですが、ラストなのでしっかり遊んでみたいと思います。

まずは清水寺へ。十数年前に社員旅行で来て以来かな。

清水寺

縁結びなんて達観しちまったオイラにはもう必要ないのですが、せっかくなので地主神社でおみくじを引いてみました。ネタとしてなので『大凶』狙いだったんですが、結果は・・・『吉』。
うーん、なんとも中途半端じゃねぇ・・・。

地主神社

清水の舞台。現実逃避で飛び降りたい・・・そんな誘惑もちょっぴり。
でも、良い景色ですな。

清水の舞台

本日のメインイベントは「アトリエ劇研」での観劇。
ちょうど来週広島で公演を行う演劇ユニット「下鴨車窓」主宰の田辺氏がディレクターを務める劇場です。しかも前回公演に出演していた役者さんが率いる劇団の公演ってことで、前夜祭気分としては最高のタイミングでした。

アトリエ劇研

劇場近くにパン屋さんがあったので、観劇前の腹ごしらえ。

パン

観劇後、せっかくなので下鴨神社へ足を伸ばしてみました。さっき雨が降ったこともあって、木陰の多い参道はお散歩コースとして最適です。

下鴨神社参道

じつは世界遺産だったりするんですね。全然知らなかった。

下鴨神社

さて、最後にゆっくりできたし、そろそろ帰りましょうかね。

下鴨神社

車中泊2回、ネットカフェ泊3回の5泊6日。高速道路を使わなかったのでリーズナブルな旅になるはずでしたが、各所の拝観料や駐車場代、それに食費がかさんでそこそこ出費してしまいました。
そもそも何泊もするつもりなかったので、着替えをほとんど持たずに出かけたのが失敗だったかな。でも、こんな一人旅が大好きです。

ただ、新たなハニトーとの出会いがなかったのが無念じゃあ・・・。
posted by ばりさく at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2011年07月29日

無計画旅行その2

行き当たりばったりでやって来た京都。今回2泊目のネットカフェを出て、とりあえず最初の目的地に向かいます。

何度も京都へ来ているんですが、平等院はたしか初見参だと思います。10円玉の表に描かれている鳳凰堂は、思っていたよりも色あせた感じですが歴史を感じさせてくれますね。

平等院鳳凰堂

鳳凰堂といえば鳳凰。

鳳凰堂の鳳凰

それから二条城方面へ。途中でランチバイキングの看板を見つけて立ち寄ってみたものの、バイキングの内容がしょぼくて結局別メニューも注文してしまいコストパフォーマンス悪すぎ。
実際、店員に説明を受けてから何も食べずに店を出るお客さんもいましたからね。

ランチバイキング

二条城の近くに車を止めて、軽く散策しながら上田製菓へ。京都を拠点に活動する劇団「ヨーロッパ企画」の主宰で作・演出の上田氏のご実家で、劇団事務所としても有名です。
映画「曲がれ!スプーン」のポスターがあったので、許可をいただいて撮影。

曲がれ!スプーンのポスター

上田製菓といえばラスク。ビニール袋に入ったお徳用のバニラ味とコーヒー味、それにパッケージ版コンパラスクをお土産に購入しました。

上田製菓のラスク

その足で、近くにある喫茶店チロルへ。
演劇版「曲がれ!スプーン」のチラシやDVDのパッケージにも使われた場所です。公演ポスターがまだ壁に貼られていましたよ。
あの超能力でグニャリと曲がった道路標識は・・・さすがに見当たりませんね。

喫茶チロル

さっきのランチバイキングでお腹いっぱいだったので、コーラフロートだけ注文。

喫茶チロルのコーラフロート

喫茶店でまったりした時間を過ごしながら、二条城へ行こうか行くまいか迷って・・・結局行っちゃった。

二条城

有名な鶯張り廊下を歩きながら歴史の舞台を見学。ま、オイラくらいの体重の人が歩くと、普通の家の床でもギィギィ音が鳴りますが・・・なんて。
炎天下で庭園を歩き回ると、もう汗だくです。

二条城の庭園

最後に鹿苑寺へ。何度も来ているけど、京都へ来たらやっぱり舎利殿(金閣)は見ておかないとね。
今回は京都三名閣の慈照寺(銀閣)と西本願寺(飛雲閣)は行きませんでした。

鹿苑寺金閣

さて、夕食はハニトー探し。某グルメサイトのレビューを信じて、ちょっと離れたところにある手打ちパスタのお店に行ってみた。
しかし、メニューのどこを見てもハニートーストなんて書いてないし・・・またガセを掴まされたか。

しかたなくペペロンチーノを注文したんだけど、これがなかなか美味。オイルソースにタリアテッレの組み合わせはちょっと珍しいかな。

ペペロンチーノ1

味には満足したものの、やっぱりちょっと物足りない。そんなオイラの目の前に、某グルメサイトでヒットしてたお店がありました。
チェーン店のカフェレストランで、お店によってハニトーがあったりなかったりすることは知ってたんだけど、ここは一つ、よっしゃという気持ちでゴー。

・・・んで、撃沈。

残念ながらここでもメニューにありませんでした。しかたなくペペロンチーノのトマト味をオーダー。
さっき食べたばかりなので、セレブサイズ(一人前)にしましたよ。このお店はノーマルサイズだと二〜三人前なのだ。

ペペロンチーノ2

もう今回はハニトーとの出会いは諦めるしかないな・・・と意気消沈しながらも、どでかいパフェを頬張っている時間はちょっと幸せ。じつはこれよりもっと大きなパフェもあったんですが、そこは自重です。

パフェ

どうせハニトー食べられないなら、お芝居観に行けば良かったな。・・・そう考えたら新たな誘惑がムクムクと・・・。

よし、これから帰るつもりだったけど、明日お芝居を観てから帰ろう!
posted by ばりさく at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2011年07月28日

無計画旅行その1

自宅を出てから2日後の朝、フラッと奈良まで来てしまいました。せっかくなので仏閣巡りをすることに決定。

奈良といえば斑鳩の法隆寺。小学校の修学旅行で初めて来て以来、おそらく4回目の訪問です。

法隆寺

金堂の釈迦三尊像と五重塔の涅槃像土、それに玉虫厨子や百済観音像などを久しぶりに拝観。

法隆寺金堂&五重塔

朝昼兼用で柿ざるうどん。普通のうどんとはちょっと違う風味がありますが、柿の味なのかは微妙ですな。

柿ざるうどん

それから奈良公園へ。ここの鹿は宮島と違って幸せそうですね。

奈良の鹿

やって来ました東大寺。まず周囲の二月堂などを一回りしてから大仏殿(金堂)へ。

東大寺金堂

大仏様(盧舎那仏像)を拝観。有名処のお寺で仏像の写真撮影が許されているのは、ここくらいじゃないかな。
それにしても、いつ見ても大きいですな。

東大寺盧舎那仏像

外観のみですが正倉院も見ることができました。見学は午後3時までなんですよね。

正倉院

東大寺で厄除けと災難除けのお守りを購入。とにかくこれ以上は何もトラブルもアクシデントもハプニングも起きないで欲しい・・・。

東大寺お守り

奈良滞在のラストを飾るべく、ハニトー情報をネットで見つけて突撃。しかし、カーナビでもケータイでも確認したポイントに、そんなお店は存在せず・・・。
ぬぉぉぉ、いったいどうなっとんじゃぁ!

意気消沈したまま車を走らせたオイラは、新たな目的を見いだせぬまま紀伊半島を南下。でも、途中で心変わりしてUターン。
最南端の串本まで行っちゃうと、三重を経由して名古屋方面へ行きたくなるもんね。このプランは次回にとっておくことにします。
posted by ばりさく at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2011年07月10日

地底探検

エアコンが使えない自宅にいると死にそうなので、岩国方面へドライブ。そのまま美川ムーバレーへ涼みに行ってきた。

美川ムーバレー

錦帯橋から川沿いを上っていくと、かつての炭坑を地底王国に見立てたテーマパークがあります。アトラクションは「クリスタル・スカルの秘密 最終章〜秘められた古代の叡智」と題して、コンパスによって導かれた謎を解き、手に入れた鍵のマトリクスに隠された暗号を解読して創造神に辿り着く探検です。

美川ムーバレー

洞窟の中はとても涼しくて、最初の長い上り坂を登り切ったあとはそれほどきつい起伏もないので楽しく探検できました。井倉洞みたいだとさすがにバテてしまいますからね。
しっかりマイナスイオンも浴びたような気がするし・・・。

美川ムーバレー

さすがに大きな岩が追いかけてきたり、落とし穴に落とされたり、集めた紋章を壁にはめ込むと階段が現れたり・・・なんてことはありませんが、雰囲気バッチリで面白いですな。

美川ムーバレー

それにしても、オッサン一人で寂しく探検してたのはオイラだけ。ホントは子供連れやカップルで行くべきなんでしょうけどね。
posted by ばりさく at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2011年07月07日

仙台攻略失敗

仙台七夕祭りは8月ですが、今日は七夕ですな。
こと座のベガとわし座のアルタイルは1年に一度しか会えないそうですが、自分のことを想ってくれる相手がいるなんて羨ましいぞ。

さて、広島から仙台への空路がまだ再開されてないため、まず羽田へ飛んでモノレールで浜松町へ行き、それから東京へ。そして東京から東北新幹線で北上し仙台へ向かいました。
仙台駅の地下鉄の乗り場がよく判らず、右往左往してなんとかホテルへ到着。チェックインができたのは午後9時前・・・さてどうしましょうか。

休憩もそこそこにホテルを出て、早速ハニトーを目当てに歩き出します。ちょっと距離があるし地理にも不案内なのでタクシーで行こうかとも思いましたが、とりあえず経費節減で徒歩移動。
うろ覚えの地図を頭の中に描きながら当てずっぽうに歩いていたら、30分ほどで偶然にも到着。しかし、一度は通り過ぎてしまいました。

そう、店先は真っ暗・・・つまりClosedだったんですね。あぁ不安的中。

気を取り直して2軒目へ。再び頭の中の地図を頼りに歩き始めたんですが、今度は見事に大失敗。行けども行けども辿り着けず、何度も何度も同じ道を歩き回ってようやく到着したときにはすでに1時間半ほど経過していました。
しかも、ホテルのすぐ近くじゃん・・・もっとちゃんと調べておけば良かった。

足はヘロヘロ、汗びっしょり、自分の迂闊さへの後悔、そして困難を乗り越えた達成感を噛みしめながら、お店のドアを開けます。

テーブルについてメニューを見ると、ハニトーのハの字も見当たりません。お店の人に尋ねてみると、「ウチではやってないです」と想定外の回答。
メニューに「1F」と書いてあったので2階とはメニューが違うのかと質問すると、ちょっと違うとのこと。それならと2階のメニューを見せてもらうと、やっぱりハニトーは載っていません。

お店のホームページにハニトーって載ってたんですが・・・と食い下がってみましたが、「ホームページ?」と返される始末。あぁこりゃダメだ・・・と諦めてパスタだけ食べて帰りました。

まぼろし?

お腹はある程度満たされたものの、心は飢えたまま折れちゃったので、とりあえず牛タンだけでも食べないと・・・と周辺を徘徊。しかしまったく見当たらず、ついに諦めて道中何度か前を通った牛タンラーメンって看板のお店に行ってみたら、すでに閉まってやがるし・・・。

もうね、筆舌に尽くしがたい絶望感、失望感でホテルに帰りましたよ。歩きすぎて足が痛い・・・。

【追記】
翌日、無事に仕事が終わって帰りの新幹線までのわずかな時間で、牛タンを食べることができました。美味しかったぁ。

牛タン定食
posted by ばりさく at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2010年12月19日

東京ツアー回顧

出張先では誰彼構わずハニトーの話ばかり熱く語っていたような気がする今日この頃。そういえば、先週末の東京ツアーのことも書いておかなきゃな。

1日目の土曜日。夜行バスで東京駅に着いてから、まず向かった新宿のネットカフェで休憩やら下調べやら身だしなみやら・・・。
それからホテルに荷物を預けて、最初の目的地である駒場へ。

駒場東大前駅を出て、あえて遠回りして町並みを散策しながら到着したのは、こまばアゴラ劇場。青年団による「演劇入門」のマチネを観劇。

演劇入門

観劇後はすぐに下北沢へ移動。駅周辺を散策しつつ新宿で調べておいたカレー屋さんを探索し、食べたのはもちろんハニトー。

この日は駒場で(劇場でお腹が鳴るのを防止するための)サンドイッチを食べただけだったので、カレーもしっかり食べてやろうと思ってたんですがね。店員さんに大きさを尋ねたところ、ジェスチャーが大きそうだったので無難にハニトーだけにしました。
そしたらガッカリなことに、かなり小さいサイズでやんの。

ハニートースト

でも、オイラの大好きな小倉あんが載ってるタイプ。ウヒョヒョ、やっぱりこの組み合わせは最高ですな。

それから下北沢 駅前劇場にて、毛皮族による「小さな恋のエロジー」のソワレを観劇。

小さな恋のエロジー

観劇を終えてから新宿へ戻り、ホテルでしばし休憩しつつ時間調整。午後11時を過ぎてから夜の歌舞伎町に飛び出し、カラオケ・パセラへ。
ここで食べたのも当然ハニトー。ラムレーズンのヤツをチョイスです。

ハニートースト

せっかくのカラオケなのに、忘年会シーズンのせいか混雑してて1時間しかいられなかったのが残念。だからハニトーの前後で3曲歌っただけ。

それにしても、ここのハニトーは一人じゃちょっとキツイかな。もともとホイップクリームが好きだけど苦手だったりするし、ハチミツの質のせいか甘いのが続くと飽きるしね。
しかもドリンクも甘いキャラメルラテを頼んだりするもんだから、口直しもできないんでやんの。さすがに2杯目はジャスミンティーにしたけど、時すでに遅し。

どうしてもしょっぱいもので口直ししたくなり、帰りにコンビニでカップ味噌汁を購入。スイーツの口直しに塩分って順番が逆ですな。

2日目の日曜日。ホテルをチェックアウトしてから、新宿駅前のビッグカメラでキーボードやプリンタなどを見て回り、ランチは佐世保バーガー。
なんだか久しぶりの動物性タンパク質ですぞ。

佐世保バーガー

ホントはnews DELIでハニトーを食べるつもりだったんですが、来週も出張で来られるから・・・って理由で方針転換しちゃったんだよね。結局、その目論見はもろくも崩れ去っちゃったわけですが・・・。

食事を終えてから、下北沢を再訪。下北沢 ザ・スズナリにて、THE SHAMPOO HATによる「砂町の王」の千秋楽を観劇です。

砂町の王

観劇後は新宿に戻って広島へ帰る準備。しかし三島駅での人身事故の影響で新幹線のダイヤが大幅に乱れてて、乗車券だけ購入してひとまず東京駅へ。

東京駅でも混乱が続いており、窓口には長蛇の列。とりあえず自由席の切符を買って直近出発ののぞみに駆け込み、なんとか広島に帰ってくるというバタバタな復路になっちゃいました。
それなのに、翌日トンボ返りで千葉出張になるとは・・・トホホ。

そんなわけでお土産を買う時間的余裕もなく、持ち帰ったのは各劇場でもらったフライヤーの山ばかり。それにしても量の多さに驚きです。
公演チラシを集めたサイトを作ってるオイラですが、東京の公演数ではとてもじゃないけど個人で作るのは無理だろうな。

フライヤー
posted by ばりさく at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2010年07月24日

傷心旅行3日目

「傷心旅行」と書いて「ハニトー・・・飽きた。もういいや。
じつは、ただの「小旅行」ってタイトルをもじってみただけだわさ。

さて、この日は明石滞在の3日目にして最終日。まずは昼過ぎに弟宅を出て、弟オススメの定食屋で昼ご飯。
弟はがっつり焼きそば定食。生卵が無料なので、大盛の卵かけご飯にしてました。

ガッツリ焼きそば定食

オイラはがっつりカツカレー。トンカツが2枚も乗っかってて888円はなかなかリーズナブル。
量も文句なしですな。

でも、カレーが全然辛くなくて物足りないし、カツが固いのが玉にキズ。サラダももう少しボリュームがあればなぁ。

がっつりカツカレー

近所にハニトーの店があるって情報を確認するためにSATYへ。しかし、弟からのこの情報は残念ながらガセでした。
店が変わったのか、メニューから消えたのか・・・どっちかな?

弟宅に弟を送ってここでお別れ。オイラはラストミッションのために西宮へ単独行です。
しかし、あのカツカレーでお腹いっぱいだし、ランチタイムが終わっててタイミングが合わないので、神戸のハーバーランドで時間調整。スイーツハーバーの閉幕は残念でしたね・・・って何年前のことやねん。

ハーバーランド

ついでにシネモザイクで「借りぐらしのアリエッティ」を観ましたよ。評価は・・・まぁまぁだったかな。

さて、映画を観終わってからすぐに出発して西宮へ。ヨットハーバーの中にあるレストランに入ったのはオーダーストップギリギリでした。
急いでパスタとハニトーを注文。

ボンゴレ・ビアンコ

ハニトーはフルーツたっぷりで豪華なタイプ。中はキューブ状にカットしてあり、美味しくて食べ応えもあって最高でした。

フリアンディーズ・ハニートースト

それから尼崎へ移動。一昨日のクロワッサンがどうしても納得できず、同系列の違うお店に行ってみました。
そうしたら、ちゃんとハニートーストに出会えましたよ。

WIRED・ハニートースト

ほんのり甘いデニッシュ生地にハチミツ、それにアクセントのナッツが美味しい。いやぁ、リベンジして大正解。

これで今回のミッションはすべてコンプリート。あとは広島へ帰るだけですね。
最後に一昨日食べたラーメンで締め括り。このラーメンで始まり、このラーメンで終わった怒濤の3日間でした。

ラーメンたろう

帰りは1,000円高速の恩恵があるので、山陽道で西へ。竜野西SAで仮眠をとったら夜が明けてしまい、競走馬輸送車の集団に進路を邪魔されながらも、なんとか無事に帰宅。
この3日間の走行距離は1,100kmくらい、摂取カロリーは・・・。

競走馬輸送中

帰宅して、真っ先に体重計に乗ってみたら・・・ヤバイ、ヤバすぎる!
この3日間の散財でサイフはぶち軽くなりましたが、そのぶん体重がバンプに上昇しておりました。
今日は休肝日ならぬ休胃日に決定・・・。
posted by ばりさく at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

傷心旅行2日目

「傷心旅行」と書いて「ハニトーツアー」と読む「自分探しの旅」の2日目です。
えっ、くどい?

さて、この日もまずはハニトー。最初の目的地である福知山(京都府)へ向けて出発です。
経費節減とか言って明石まで一般道を走ってきたというのに、こちらへ来てからは高速道や有料道路をフル活用ですな。

高速走行

パン屋さんに併設されたカフェに到着したのは昼下がり。タイミング良く、マダムたちで混み合う時間帯を避けることができました。

弟はハニトーじゃなくナポリタンを注文。

ナポリタン

オイラはやっぱりハニトー。ハチミツたっぷりなのにメープルシロップまで添えられていて、2つの味が楽しめるのがグッド。
ソフトクリームもピッタリだし、サラダが添えられているのも嬉しいですね。

プロバンス・ハニートースト

大満足で福知山を出発し、山間の一般道を南下。目指すは豊中(大阪府)にあるヤマダ電機の4階です。
とても天気が良くて気持ち良いドライブでした。ジャンケンで負けた弟が運転してくれたので、助手席でノンビリできたしね。

空

午後3時過ぎに目的地に到着。そういえば、オイラがネットで見つけたのは京都駅店だったんですが、すでに閉店しちゃってたのでチェーン店の中で最も近い店に目標変更したんだよね。

パンがデニッシュで、アイスクリームじゃなくクリームチーズが乗っかっているのが特徴。一緒に食べた弟はアイスだと思ってたらしく、口にした途端に驚きの表情を見せていました。
それを見てたオイラは一人で大笑い。

ソラーレ・アカシヤ蜂蜜のハニートースト

さぁ帰ろうとエスカレーターに乗ったら視界の隅に隣の店のショーケースが見えました。「怪しい!」と直感して戻ってみると、ホントにハニトーがあるんでやんの。
でも、弟が「マジでまだ食うんかい」って言葉と表情で非難してたので、今回はパス。

ショーケース

ちなみにこのお店は「神戸にんにくや」系列。ガーリックきっちんなどの「元祖にんにくや」系列とラインアップが似ているので、味も似てるのかも知れません。
もし「小倉あん」バージョンがあったなら、非難を甘受してでも食べたかも知れませんね。

とりあえず目的を達したので、夕食のために明石へ。明石海峡を渡るのも一興かもって思ったけど、弟が「淡路島にハニートーストはないと思うぞ」と言ってた。

明石海峡大橋

この日の夜は弟オススメの焼肉。食べ放題なのにユッケやレバ刺しなどの生肉があるのが特徴で、どれも美味しかったです。
ただ、スタッフが不慣れらしくて注文のたびにイライラしましたが・・・。

焼肉食べ放題

お腹いっぱいで苦しい・・・このままじゃ寝られないのでカラオケで腹ごなし。JOYSOUNDだったので、いつものDAMでは歌えない「3人のうた」と「広島の空」を歌ったら、ランキング1位/1人中のオンリーワンを獲得。

カラオケ・広島の空

あ、「広島の空」は「さだまさし」のじゃなくて、「横山雄二&飯村徳穂」のね。これ名曲なんですが、知らない人も多いかな。

広島の空

午前3時前になって弟がギブアップ。いつも一人で5〜6時間歌ってるオイラにしてみれば、もう少し歌いたかったかなぁ。
posted by ばりさく at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

傷心旅行1日目

今朝、広島に帰ってきました。急の出張要請に応えられるようスーツやネクタイを持参して出かけたんですが、呼び出しもなく平穏無事に目的を完遂することができましたよ。

旅先(=弟宅)ではブログ更新できなかったので、とりあえず3日間を簡単にまとめてアップしちゃいます。ちなみに「傷心旅行」と書いて「ハニトーツアー」と読み、意味は「自分探しの旅」ですので、深読みはしないように。

病院での検診を終えてから、クルマに荷物を積み込んで出発したのは4日前。食事指導ではいろいろ注意されたばかりだっていうのに、その日のうちにこんな目的の旅に出る誰かさんは完全無欠のダメ患者ですな。
ま、これくらいしか人生の楽しみがないんだから、大目に見ていただきたいと思います。

さて、経費削減のため高速は使わずに一般道を東へ。途中、ドライブイン山陽で食べたゴボウ天そばが、この日初めての食事でした。
フェアの文字に誘われて、隣のレストランでハンバーグカレーも食べてみたりしたのは公然の秘密です・・・。

ハンバーグカレー

食事後はひたすら2号線を東へ。岡山で1時間ほど仮眠してさらに東へ走り続け、明石に着いたのは午前2時前だったかな。久しぶりに弟と再会し、午前4時前に一緒にラーメンを食べに行って、この日は就寝。

んで、目覚ましの音で起きたのは午前9時。なかなか起きない弟を叩き起こして出発し、昼前には最初の目的地に到着しました。
注文するのはもちろんハニトー。あれだけバカにしていた弟もハニトーのチョコバナナをチョイス。

アリエル・チョコバナナ

オイラはプレーンにしたんですが、これがとても美味しくて大喜び。昨夜っていうか今朝のラーメンと睡眠不足で胃が本調子でなかったんですが、ペロリと平らげてしまいました。

アリエル・プレーン

神戸の次は尼崎へ。

阪神高速

尼崎にあるカフェに到着したのは午後2時くらいだったかな。弟に「無理にハニトーにつき合わなくても良いぞ」と言ったら、彼はオムライスを注文。

WIRED・オムライス

オイラはもちろんハニトー。しかし、出てきたのはクロワッサンでやんの。
期待のトーストボックスでないことは想定内ですが、まさかハニトーのくせにトーストじゃないとは・・・こんな展開は初めてです。

WIRED・ハニートースト

デニッシュ生地とハニトーは相性が良いので美味しかったんだけど、トーストじゃなかったのでちょっぴり不満・・・。

少々落胆気味で店を出た後、さすがに食べてばかりなのもどうかと思うので、伊丹空港まで飛行機の発着を見に行きました。ここは迫力の離発着が見られるので結構好きなスポットなんですよね。

伊丹空港に着陸する飛行機

それから今回の主目的の一つである甲子園球場へ。観戦記は別のエントリーにしましょうかね。

阪神甲子園球場

甲子園では何も食べなかったので、帰宅途中にファミレスへ。最近流行のラー油メニューを食べてみました。
朝からハニトーしか食べてなかったので、この日初めての動物性タンパク質&野菜摂取だったりします。

ハンバーグ
posted by ばりさく at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2010年05月21日

3・2・1・バンジー!

「そうだ、ジェットコースターに乗ろう!」

気分が落ち込んでいるときやストレス発散には、やっぱりジェットコースターでしょ。そんなわけで、やって来たのは子供の頃から何度も来ている遊園地、鷲羽山ハイランド
いやぁ何年ぶりだろー。

鷲羽山ハイランド全景

ジェットコースター乗りまくってやる・・・って鼻息荒く入園したものの、ウルトラツイスターが点検のため利用不可。まぁ今日は平日だからねぇ、仕方ないや。
次回入園無料のチケットをもらったので、また次回のお楽しみってことで。

ウルトラツイスター

さて、とりあえず山頂を目指して園内最大の難関である階段を登らなきゃ。ここの遊園地は山の上にあるので、移動はどうしても坂や階段の上り下りになっちゃうんだよね。
子供の頃は平気で登っていたんだろうか・・・自分自身がちょっと信じられないな。ま、広島の安佐動物公園でも同じようなこと思ったけど。

階段

いくら乗り放題とはいえ、メリーゴーランドには乗れないなぁ。メリーカップやローターウェーブ、チェーンタワーなどは校外学習で来ていた小学生たちで賑わってましたよ。

メリーゴーランド

まず最初にレインボーワープ(観覧車)。ここまで登ってすでに息が上がって汗だくなので、ちょっと休憩しないとね。
遠くに見下ろす瀬戸大橋は残念ながらもやがかかってますが、いつ見ても素晴らしい景色です。

瀬戸大橋

オープン時から現役のチューピーコースター。子供の頃は単にジェットコースターといえばこれでした。
いつ壊れてもおかしくないような異音と衝撃が別次元の恐怖を誘う名物コースターで、園内のコースターでは身長制限が110cm以上と低くて小学生でも乗れるのが魅力ですね。

チューピーコースター

垂直落下が楽しめるターボドロップでは、テレビ番組の制作スタッフがなにやら実験していました。なんでも落下中に卵を割った場合にどうなるかを撮影するそうで、本番ではタレントに卵を割ってもらうんだとか。

テレビクルーが撤収後にターボドロップに乗り、お次はスカイサイクル。空中レールの上を走る自転車型のライドを自分で漕ぎながら優雅にサイクリングするアトラクションですが、結構スリルがあって楽しいのよね。

スカイサイクル

続いてスタンディングコースター&バックナンジャー。オイラはバックナンジャーに乗るのは初めてのような気がするんだけど、どうだったかな。

バックナンジャーは最初から最後まで後ろ向きに走るジェットコースターで、連続35時間以上ジェットコースターに乗り続けるという記録でギネスに載ってるそうです。スタンディングコースターと同じコースを走るため、時間帯によって車両が入れ替わるので注意が必要ですね。

バックナンジャー

サンバステージではビンゴ大会開催中。小学生たちを相手にブラジリアンパフォーマーが楽しく番号を読み上げていました。
そんな光景を眺めながら、西洋イチゴのラズベリーコーラを飲んでちょっと休憩。天気が良いのはラッキーだったけど、風がなくてホント暑かったなぁ。

ビンゴ大会

さて、それでは本日のメイン・イベント。もう一度山頂まで登って、息を整えると同時に心の準備をしてからバンジージャンプにエントリー。

まぁ高さだけで比べるならターボドロップの方が格段に高いので、ターボドロップに乗った後ならたいして怖くない・・・と思ってしまうのよね。ちなみに体重制限は32kg〜113kgなので、オイラでも大丈夫。
誓約書にサインしてから体重測定し、安全ベルトを装着してスタッフのお兄さんに説明を受け、それからジャンプ台を登っていきます。

バンジージャンプ台

ジャンプの前に記念撮影して、ワイヤーを装着して準備完了。飛び降り(倒れ込み)スタイルは前向きと後ろ向きを選べるので、オイラは前から飛び込むことにしました。
オイラが「いきます」と言うと、スタッフのお兄さんがカウントダウンを始めます。
「スリー・ツー・ワン・バンジー!」
これを合図に、オイラはジャンプ台から飛び降りたのでした。

んで、感想は・・・怖いというより、ぶち痛いのよ。体重のせいもあって安全ベルトが体に食い込んだ時が痛かった・・・。
ワイヤーが体の前に掛けてあるので、前向きで飛び降りてもすぐに仰向けになってしまい、地面(マット)が近づいてくる怖さはあまり感じません。逆に衝撃が大きくなるので痛さ倍増です。
次回は後ろ向きにチャレンジしてみようかなぁ。

バンジージャンプ証明書

ちなみにジャンプ証明書はジャンプの前にもらえたんだけど、もしリタイア(制限時間10分以内に飛べなかった)の場合はどうなるんだろうね。
posted by ばりさく at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2010年05月09日

GW明けの日曜日

ちょうど一週間前に噴霧器で散布した除草剤の効き目を確認するために、ドライブがてら匹見へ。

目的地に着いてみると、除草剤を散布したエリアは思っていたよりも青々としてて、期待してたほどの効果は出ていませんでした。やっぱり地道に頻繁に刈払機で刈っちゃう方が良いんでしょうか。

田舎の風景

到着後数分で早々に目的を達成したんですが、さっさと広島に帰るのもなんだかなぁ・・・ってことで、気分を変えていつもと違う道を南下することに決定。

峠

山の中の細い県道を走り抜け、峠を越えてどんどん進んで六日市へ。目的地は山賊です。
いつもは玖珂にばかり行くんですが、ここ錦店もたまには良いですよね。

山賊砦

注文するのはもちろん山賊うどん・山賊むすび・山賊焼きの3点セット。

山賊3点セット

山賊焼きにかぶりついてる時にカープ敗戦の報を着信。テレビやラジオが受信できなかったので、戦況を確認してませんでした。
受信できなくなる前に1点先制されて追いかける展開だったので、打線の爆発による逆転を期待してたんだけどなぁ。

さて、食事を終え、広島に戻ってからちょいとスーパーへ。そういえば昨日のカラオケでみんなが何やら怪しげなお酒を飲んでたなぁ・・・と思い出して、ついつい買ってしまいました。
ヤケ酒する状況でもないんですが、まぁカープも負けたしねぇ。

ZIMA

もう一種類、なんて名前だったかな。たしかアンディ・ラウとかガウ攻撃空母とか、そんな名前だったと思うんだけど・・・。

ちなみに、写真に写ってるディズニーのタンブラー。2個のうち1個が行方不明だったので家族に尋ねてみたら、あっさり「割った」と自白しやがった。
あ〜あ、お気に入りだったのになぁ。
posted by ばりさく at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2010年05月04日

筋肉痛な暇人の休日

昨日、草刈りを頑張りすぎて今日は予想通り筋肉痛。まぁ明日の方がもっとひどくなるんだろうけどね。
数年ぶりにフラワーフェスティバルにでも行ってみるか・・・と思ったけど、歩き回る元気もないので自分自身に即刻却下。

それでも天気が良かったし、ヒマだったのでクルマに乗り込み、そのまま県北方面をウロウロ・・・。

中国山地の風景

中国山地の牧歌的な風景を眺めてみたりしながら、三次経由で松江まで北上。宍道湖からは米子まで進んでみましたが、着いた頃に日が暮れてしまったのでそのまま帰ってきちゃいました。

中国山地の風景

そしてついさっき帰宅したんですが、駐車場から自宅への帰り道に山の方でガサガサッと何かが動く音が!
夜中にあんな場所であんな音を出すのは、不審者でなければアイツ・・・乙事主さま(裏山のイノシシ)ですな。
posted by ばりさく at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2010年05月01日

ちょっくら三次へ

午後から三次方面へドライブ。いつもは目的も予定もなく走るだけなんですが、今回は明確なターゲットがありまして・・・それはズバリ、ハニトーでございます。

陽が傾きかけた頃に目的地のカフェに到着。残念ながら期待のボックスタイプではなく、しかも4月限定のクリームチーズクランベリーのはずが肝心のクリームチーズジェラートが売り切れってことで、手作り苺ジャムとバニラジェラートのハニトーになっちゃいましたが・・・これはこれでオーソドックスな感じで美味しかったですぞ。

ハニトー

再出発してからはノープラン。とりあえず東に進路をとり、途中ちょこっと灰塚ダムに立ち寄って、たそがれてみる。

灰塚ダム

駐車場の片隅で。なんか御利益でもあるんでしょうかね。

お賽銭?

日が沈みはじめたので、庄原から南下して福山経由で広島に戻ることにしました。これ以上遠出をする準備はしてないんだよね。

夕焼け

山間を走って福山市街の明かりが見えてきたところで、上司から電話がかかってきた。GWの予定を聞かれたので、引きこもりだと答えたよ。
おっと、そういえば彼は福山出身なのだ。ついでなのでオススメの店を尋ねたら、ラーメン屋を教えてくれました。

とりあえず、教えられたヒントを頼りにグルグル走り回ってみたけれど・・・見つけられず。ついにケータイで検索してナビに頼ることにしたら、全然違う地域でやんの。
ちなみに再生中のDVDは「サマーウォーズ」。援軍フェチのオイラは、あのシーンでいつも泣いちゃいます。

ナビ画面

なんとか無事に着いたので、部長推奨のスタミナラーメンを食べてみる。味が濃いと聞いてたけれど・・・確かに濃いわ。
メインのトッピングはチャーシューとトンカツと生卵だぞ。それに「まむし粉末」とか入ってるって書いてあったよ。

スタミナラーメン

さて、ここでようやく、カープが大勝したことを知りました。倉の満塁弾が飛び出すなど、一発攻勢だったみたいですね。
それよりも青木高の完封が素晴らしい勝利でした。
posted by ばりさく at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ