2008年10月28日

服装や態度で不合格にしちゃダメなの?

神奈川県の県立高校で、入学試験の合格基準(ペーパーテストの点数?)に達していた受験生が、服装や態度の乱れを理由に不合格にされてたそうな。

ん?服装や態度の乱れを理由に不合格にすることの何が問題なの?・・・多くの人がそう思ったんじゃないかな。

報道によると、公表されてない基準で選考するのが問題だとされています。しかし、わざわざ「試験日の服装や態度を基準にしますよ」なんて公表してる学校があるんでしょうかね。
そして、こう公表しておかないと、その学校は服装や態度を基準にしてはならないのでしょうか。

校長は「多少成績が悪くても真面目な生徒を集めたかった」と動機について話してるそうですが、この言や良し。至極まともな思考だと思います。
学校側にこれくらいの裁量権はあっても良いのではないでしょうか。

そもそも、ペーパーテストでは判断できない人間性や志望の熱意なんかを見極めるために面接するんだろうし・・・今回の騒動、まったくもって理解できません。

これも昨今顕著な教育現場の歪みが原因なんでしょうか。ゆとり教育の弊害ってヤツなのかなぁ。
posted by ばりさく at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・時事問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22091581
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック