2008年10月13日

トイレのお話

お食事中の方、ゴメンナサイ。

自宅2階のトイレが壊れた・・・いや正確には、温水洗浄便座が故障したんですよ。一般的にはウォシュレット(TOTO)とかシャワートイレ(INAX)と呼ばれるアレね。
数ヶ月前から、ボタンを押してもノズルが出なくなりました。

電源コードをコンセントに差した時にはちゃんと出てくるので、モーターが故障したわけじゃないみたいなんですが、ボタンすべてに反応してくれないのでもうお手上げ。とりあえず修理しようと販売店に連絡したら、「10年以上前の製品なんで部品がないから買い換えたら」なんて言われたそうな。

・・・というわけでデオデオへ。
ちょうど在庫処分市なるセールをやってたので、思い切って買うことにしたんですが、もう悩みまくり。そして買い物につき合ってくれた友人からは、失笑を買いまくり。

蓋の自動開閉や便座のリモコン開閉、脱臭、温風乾燥などの機能に加えて、貯湯タイプか瞬間温湯タイプかなど・・・最近は待機電力が少ない瞬間タイプが主流なんだそうな。あと、便座も使用する直前に暖めるそうですね。

いろいろ悩んだ挙げ句、パナソニックの現行エントリーモデルにしたんですが・・・蓋の自動開閉とか、やっぱり不要だったかも。
あんなギミックに弱いんだよなぁ。
posted by ばりさく at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 住まい・暮らし・環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21078232
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック