2016年06月17日

深夜の襲撃

昨夜、眠りの女神の抱擁に身を任せて現実逃避空間に潜り込んだと思ったら、いきなり右足のふくらはぎに激痛が走りました。

忘れた頃にやって来る「こむら返り」。
あっ、と思ったらすでに時遅し。嫌な汗を流しながら声を押し殺してひたすら耐える時間は、とてつもなく長く感じます。
つま先を伸ばしたり手で引っ張ったりしながら痛みが引くのを待ってても、一進一退でなかなか痛みが引かないと「そのうち治る」と信じられなくなり、「やばい治らない」とパニックになるんだよね。

やっとこさ痛みが引いても再発の不安でしばらく寝付けないし、朝になっても足に違和感があってスムーズに歩けないし。つらかったわぁ・・・。

そういえば毎回、ふくらはぎがボコっとへこんでるところを写真に撮ってやろうと思うんだけど、いざその時になったらそんな余裕なんかありませんな。
posted by ばりさく at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175754467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック