2016年04月08日

憂鬱なる昼食

出張などで他社でお昼を食べることがありますが、会社に戻ると日配弁当の絶望的なクオリティーの低さ、壊滅的な格差に打ちのめされて、一気に憂鬱な気分になります。

そんなお昼休み、今日のおかずはこんな感じでした。

日米クックの激マズ弁当

写真左上)もやしとインゲンを煮たもの
写真中上)たくあん
写真右上)菜っ葉をぐちゃっと煮たもの
写真左下)コンキリエのマヨネーズ和え(味がしない)
写真中下)ゆでキャベツ、ブロッコリー、練り物、魚一口分
写真右下)カリフラワー

動物性タンパク質は一口分の魚と怪しげな練り物のみ。これに小盛りのご飯がセットで驚きのプライス410円なり。
ふりかけや味噌汁はおろか、醤油などの調味料や割り箸なども一切付いてこないのにこのお値段・・・ありえないコストパフォーマンスです。
すでにあちこちで何度もディスっていますが、オイラの知る限り間違いなく広島で最低最悪でしょう。

子供の頃から『食べ物を残すのはもったいない』と思ってた人間ですが、この弁当を食べるようになってから『マズいものは残す』『自分の口はゴミ箱じゃない』がポリシーになりました。
posted by ばりさく at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174854275
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック