2016年03月18日

深刻なる申告

数年ぶりに労働基準監督署へ。
前回は相談だけだったけど、今回は本気の『申告』です。

申告書

今までずっと有休取得分の労働時間を残業時間から差し引かれていたので、年間数十万円の未払いが発生。数年前に労基に相談したうえで会社と掛け合ったんだけど、最後は社長に「文句があるなら辞めろ」と言われて、情けなくも泣き寝入りの状態が続いていました。

それから時が過ぎ、やっとこさ辞められる状態になったわけですが、今度はせっかくの転職のチャンスが会社から妨害されてあっけなく頓挫。遅きに失したものの、ついに我慢の限界に達しました。

ネットの情報を参考に作成した申告書にエビデンスとして2年分の給料明細と勤務記録、そして就業規則まで添付して準備万端。意を決して中区の中央監督署を訪れたんですが、勤務先の所在地が佐伯区なので廿日市の管轄になるんだそうで、廿日市の監督署に移動して仕切り直し。
申告書の添付資料を基に冷静に説明して、しっかり受理していただけました。

もちろん匿名申告ではないので、腹は括っております。
あとはもう、どうにでもなれって感じですな。
posted by ばりさく at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174764529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック