2015年03月14日

ザ・ブルーマリッジ ―結婚―

仕事を終えて東区民センターへ。シアターユニット抹茶ウーロンによる「ザ・ブルーマリッジ ―結婚―」ソワレを観劇。

東区民文化センター

役所勤めのポドコリョーシンは独身生活を謳歌していたが、そろそろ結婚したくなり仲人のフォークラに花嫁捜しを依頼した。フォークラは年頃の娘アガーフィアとの縁談話を持ってくるが、ちょうど居合わせたポドコリョーシンの友人コチカリョーフは、自分がその縁談をまとめると言いだす。
アガーフィアが叔母と暮らす家にはフォークラが見つけてきた男たちが次々と訪れるのだが・・・。

ウクライナ出身の劇作家ゴーゴリの作品ということで登場人物はすべてロシアっぽい名前ばかり。観劇中は名前を聞き取れておらず、上記の文章を書くためにパンフレットを見てようやく主人公の名前を理解するような体たらくでした。

物語の途中で繰り広げられる「結婚しないヤツはクズ」的な台詞に心をグサグサ傷つけられながらも、終始クスクス笑えるお芝居で面白かったです。早口&長台詞をミスなく喋りきるシーンは圧巻でしたが、音が響く劇場だったので全体的に聞き取りづらく感じました。
客席いじりは空振り気味だったけど、ピアノ演奏の方まで巻き込むなど楽しい演出も見どころだったと思います。

ザ・ブルーマリッジ ―結婚―
posted by ばりさく at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇鑑賞