2014年07月28日

一歩及ばず準優勝

母校が県大会の決勝まで進んだので、マスカットスタジアムへ。
前日の準決勝では行こうか行くまいかと悩みながらもお仕事。せっせと働きつつも後輩から届く速報に一喜一憂しておりました。
ほぼ負け確定というところから、土壇場の逆転勝利でこの日を迎えたわけですぞ。



母校は専攻で3塁側。OBとしては当然応援席に座って声援を贈るところですが、10年ぶりに後輩たちの応援演奏を聴こうとあえて敵方応援団の近くに座ってみました。

スパニッシュフィーバーに始まり、トトロや夏祭り、HOT STUFFといった選手別曲に、ヒットが出ればパラダイス銀河、チャンスになればサウスポーとバリエーション豊富な構成。オイラの時代とは人数も内容も比較になりませんな。
タッチでダミ声が響き始めたのには思わず苦笑してしまったぞ。



さて、肝心の試合はというと、なんとか先制したものの序盤のチャンスを活かせずピリッとしません。逆にミス絡みであっさり逆転されると5回を終わって7点を追う展開になってしまいました。
大量リードを許したところで席を立ち、スタンド内を歩き回ってみました。



母校側に回って、今度は敵方の応援を聴いてみます。あちらが風上ということもありますが、一塁側は終盤から日陰になってて、しかも勝ってるので音に元気がありますな。



そうこうしている間にも試合は進行。母校も粘りを見せましたが反撃も及ばず、ついにゲームセットの瞬間が訪れました。



両チームともヒットとエラーは同数ですが、押し出しやバッテリーエラーで失点するなどピッチャーのコントロールが安定しなかったのが響きました。それに、幾度とあった満塁のチャンスであと1本出なかったのが痛かったですね。

それはそうと、新聞やニュースだけでなく甲子園でも「理大付」と書かれてしまうことが多いですが、さすがに地元ではちゃんと「理大附」と表示してくれてますね。じつはカープのルーキー、九里亜蓮くんの出身校ですよ。



歓喜と悔し涙が落ち着いたところで表彰式。7年ぶりの優勝旗を手にすることは叶いませんでしたが、我が校に授与されるシルバーな楯も立派だと思います。
用意されていた右側の3つの楯は優秀応援校へ贈られるようです。



「準優勝、岡山理科大学附属高等学校、以下同文」
この「以下同文」ってのが何気に悔しいのよね。



各選手にメダルが授与され、県大会もフィナーレへ。



最後に両チームがダイヤモンドを一周するわけですが、このイベントは優勝校だけにすれば良いのに。頑張って勝ち進んで最後に負けるとこの仕打ち・・・と思わざるを得ません。
最後に閉会が宣言され、今年の夏は終わりました。



落ち込んだ気持ちを立て直すため、岡山でハニトー食べてから帰路へ。



お盆の予定は甲子園・・・そんな夏をまた味わいたいですなぁ。
posted by ばりさく at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般

2014年07月26日

夜、ナク、鳥

アイ・ホールにて、くじら企画による「夜、ナク、鳥」マチネを観劇。

アイ・ホール

夜、ナク、鳥
posted by ばりさく at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇鑑賞

2014年07月25日

人の気も知らないで

津あけぼの座にて、iakuによる「人の気も知らないで」マチネを観劇。

津あけぼの座

人の気も知らないで
posted by ばりさく at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇鑑賞

2014年07月24日

ひと夏のハニトー

連休を利用して観劇メインの小旅行・・・のつもりが、結局やっぱりハニトーツアー。
津市と伊丹市で観たいお芝居があったので、当初は伊丹から紀伊半島をぐるっと回って津へ行く予定を組もうとしたんだけど、公演スケジュールの関係でまず津へ行くことに。

午後出発で朝方には到着。まずはカフェでハニトーが選べるモーニング。



ノンビリ時間を潰しつつ、午後からお待ちかねの観劇。

短編ながらも見応えのある作品でした。



観劇後は予定が未確定だったので桑名まで行くかを考えながらなんとなく北上していたところ、雷をともなう大雨に遭遇。そういえば昨夜車を走らせていると岡山と兵庫の県境辺りから西の空で雷が光ってたっけ。
ひとまずクルマを停めてやり過ごすことにしましたらそのまま眠り込んでしまい、目が覚めたらもう夕方。

翌日は伊丹でマチネ観劇なので、進路を西へ。



給油のために立ち寄ったガソリンスタンドで左後輪のパンクが判明。空気圧の減りが気になってたので修理してもらえて良かったけど、最近ヘッドライトやスモールライトが切れたばかりで出費がかさむ。
ちなみにキーレスエントリーも運転席が壊れちゃってるんだが、まだ修理してないんだよな。

そんなこんなで、夕食のため伊賀に到着。伊賀っていつも夜中に通り過ぎるか道の駅で仮眠をとるくらいなので、市街方向へハンドルを切るのがなんとも新鮮な感じ。



晩ご飯にキーマカレーを食べて、デザートはハニトーですよ。



日付が変わる頃に着いた天理で車中泊。寝苦しい夜を過ごした後、朝食を摂ってから移動を再開。



開演まで時間があるので伊丹の劇場周辺でスーパー銭湯を探し、以前も行ったことのある尼崎のスーパー銭湯へ。リフレッシュしてから観劇・・・こちらも見応えのある作品でした。



観劇後、伊丹駅前のショッピングモールで散歩がてらハニトー探しをしていたら、いつの間にか外が大雨。傘を持っていなかったので時間を潰しのためレストラン街へ引き返し、散々迷ってチャーハンを食す。



雨が上がってからで伊丹を出発し、再び紀伊半島へ。大阪はスルーして和歌山に入り、海南市にある広島風お好み焼きのお店に到着。
注文時に店員さんが言ってたけど、このお店では最初からマヨネーズがかかっているのね。普段はマヨネーズをかけないけど、たまには良いかな。



さてさて、お目当てはもちろんハニトーですよ。



食後はまたまた北上し、奈良県の明日香村へ。前回は夕方で時間が合わず空振りしてしまいましたが、今回はちょっと手前で車中泊して朝から突撃です。

最初のターゲットがネット情報よりも1時間遅れで開店したため、遅めの朝食はチーズクリームのハニトー。ここには奈良漬がトッピングされたトーストもあるそうなので、また機会があればチャレンジしたいと思います。



それから飛鳥寺へ。蘇我馬子の発願により創建された、日本最古のお寺です。



本尊の釈迦如来坐像は飛鳥大仏と呼ばれています。係りの人の説明どおり、真正面から対峙してみると向かって左側に向いており、その表情が右側からと左側からとで違って見えるのが不思議。
右側には阿弥陀像、左側には聖徳太子像が祀ってあり、すべて写真撮影OKだそうです。



西門をくぐって少し歩くと、俗に入鹿の首塚と呼ばれる五輪塔がひっそりと。



石舞台古墳にも足を伸ばしてみました。



中に入って見上げてみたところ。この巨大な岩が崩れてきたら・・・。



お腹がすいたので売店に併設された食堂へ。そうめん食べたかったけど暑かったせいで早々に売り切れ。
お店一押しの古代米の御膳にしたんだけど・・・野菜料理がどれも美味しくて大満足。



さて、明日香を離れる前に最後の任務。カフェタイムにハニトーですよ。



熊野へ行こうか迷っているうちにたどり着いた大滝ダムに立ち寄ってみた。東の八ッ場、西の大滝と呼ばれるほど建設が長期化したダムで、wikipediaによると当初の建設事業費230億円のが3640億円まで膨れ上がったそうな。
見どころはとくにないけど、誰も責任を取らない日本の公共事業の縮図と言えるでしょう。



日本一の吊り橋だってさ。



もちろん渡ってみますよ。なかなかスリリングです。



板を踏んだ時にフニャって感触があると、踏み抜いてしまいそうで怖い。下まで落ちちゃうってことじゃなく、割れた板で足をケガしそうって意味でね。



吊り橋の眼下にはキャンプ場があります。あぁキャンプしたい。



いつも車中泊していますが、車にはちゃんとキャンプ道具が積んであるんです。しかし毎回、時間(とお金と胃袋)が許すまで食べて、体力(っていうか睡魔)が許すまで移動をするのでキャンプ場でテントを張ることができないんですよね。
前日までに予約が必要なキャンプ場も多いし、行き当たりばったりな旅ではなかなかタイミングが難しいです。



営業日ではなく時間も遅いけど、一応ハニトー検索でヒットしたお店の近辺まで行ってみました。

熊野古道ってどこからどこまでで、どう楽しめば良いのかイマイチ分からないんだよな。



和歌山の田辺市で晩ご飯。海の幸が美味しい。



シメはハニトー。



本州最南端を再訪。工事中みたい。



バカ発見。



夜しか来たことない。



奥に神社があるのは知らなかった。



安眠を邪魔された主。



タワーにも登ってみた。





今回はそのまま西側を北上。



和歌山市でハニトー。



奈良の田原本では空振りだったので、ラーメン。



リニューアルされた平等院へ。まだ鳳凰堂の後ろ側は工事中で、この日も朝からトンカン音がしていました。
外装は朱色が映えて見違えましたが、内部はとくに変わっておらず壁画の剥落防止を施す程度で今後も何か大きな工事を行う予定はないそうな。



鳳凰も青銅色から金色へ。こうじゃなくちゃ、って感じですな。



替え歌動画の画像を流用したんでしょうが・・・ディズニーに怒られるぞ。



お昼ご飯はカレー。



そしてハニトー。



渋滞回避のため京都から岡山を過ぎるまでは2号線に合流せず、ゆっくり南下しながら西へ。



この旅最後の晩ご飯は福山で府中焼き。



そしてラストのハニトーは小さめのデニッシュタイプでした。

posted by ばりさく at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ

2014年07月10日

一過

毎年一度は同じようなことを書いておりますが・・・(アイドルじゃない)嵐好きとっては物足りない一日となりました。一時は職場が自宅待機になるんじゃないか、ってくらい前評判が高かっただけに、気がつかないうちに通り過ぎてしまう体たらくには期待外れ、肩透かし、拍子抜け・・・他にも適当な言葉があったような、なかったような・・・。

昨日のこと。
前述のとおり今日は自宅待機にほぼ確定って情報が駆け巡り、社外との調整を始めたものの、1時間くらいして「やっぱりナシ」って正式決定。べつにそんなに休みたかったわけでもないんだけど、なんだか微妙なショックを引きずってしまったのが正直なところかな。

昼前には晴れ間が広がりましたが、梅雨明けはもう少し先でしょうか。今年もしょーもない夏を迎えるわけですが、とりあえず元気に過ごしたいものです。
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2014年07月09日

わたしの焦げた眼球/遠視

アステールプラザにて、OFTによる「わたしの焦げた眼球/遠視」を観劇。

アステールプラザ
posted by ばりさく at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇鑑賞

2014年07月02日

見るに堪えない醜態

兵庫県の県議が政務活動費の使途不明を追及され、記者会見で謝罪も説明もせずにわんわんウソ泣きする醜態が話題になっていますな。

最初はお笑い芸人が寒いコントか何かをやってるのかと思って失笑だったんだけど、すぐにニュースだと理解して愕然。さらに現役県議の記者会見を報じるニュースだと知って唖然としました。
恥を知らない人間っていうのは、あそこまで醜さと愚かさを見せつけられるものなんですね。

さて、報道されている疑惑については・・・どれだけウソ泣きしたって潔白だと思える根拠は何一つないようです。すでに判明している事実関係だけでもほぼ真っ黒・・・だからこそ、あんな会見になっちゃうんでしょうか。
っていうかあんな記者会見するような人が県議会議員をやってるっていうのが恐ろしいっていうか悍ましいっていうか・・・。広島はどうなんだろうか、ちょっと心配になりました。

それにしても、領収書がなく活動報告もない出張に費用を支出してしまう議会がそもそもダメでしょ。市民からの税金で運用しているんだから民間以上に厳しく運用しなきゃならないのに、議員や役人の杜撰さは目に余ります。

この国を本当に良い国にしたいなら、まずこのような寄生虫を排除することから始めるべきですね。
posted by ばりさく at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・時事問題

2014年07月01日

容疑者呼ばわり

先週末、車中泊をした夜に職場仲間から受信したショートメール。

「ばりさく(の本名)が殺人者になっとる」

もちろん身に覚えがないんだけど、このご時世いつ冤罪に巻き込まれるかも分かりません。とりあえず情報収集を始めてみると、ほどなく殺人事件のニュースを見つけました。
なるほど、たしかにオイラと同じ名前の男が容疑者になってますな(漢字は違うけど)。

事件の詳細は帰宅してから知りましたが、元交際相手による凶行とのこと。「最近よくあるなぁ」と思った途端、ふと気づいてしまったのです。

こんな事件を起こすような連中に負けてるんだ、と・・・。

いかん、生きていく気力が(以下略)。
posted by ばりさく at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・時事問題