2010年11月30日

フルコース

ゴホゴホ・・・昨日から咳と鼻水が止まりません。

これで今回は風邪の症状フルコースですな。マスクをしてると、ようやく病人っぽく見えるようになりました。

咳のし過ぎで喉と頭と腹筋が痛い・・・。
posted by ばりさく at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体・健康

2010年11月29日

平日6食限定のハニートースト

週明けの月曜日、ちょっくら千葉まで出張に行ってきました。

今回は、いつもより遅めの現地入りという願ったり叶ったりの素晴らしいスケジュール。滅多にないチャンスだったので、長年の懸案事項だった極秘計画を決行することにしました。
つまり、幕張のホテル ザ・マンハッタン21階にあるバーラウンジ、スプレンディドで平日限定6食のハニトーを食べるってスペシャルなミッションです。

病み上がりっていうか体調不良は継続中なんですが、なんとか消化器系の異常は回復傾向に転じたようなので強行してしまいました。

飛行機で広島を発ち、お昼前に幕張に到着。まず電車の乗車券を購入し、近くのアウトレットモールをうろちょろしながら駅とホテルの最短ルートを確認です。
食べ終える時間によっては、ソッコーで駅まで走らなきゃいけませんからね。

レストラン街を歩いていたらビビッとレーダーに反応。イタリアンのショーケースを見てみたら、なんとここにもハニトーがあるんでやんの。
さすがに2連チャンはできないので、これは次回のお楽しみ。

ショーケースのハニトー

それからホテルに入り、エレベータで21階へ。スプレンディドは13時オープンなので、30分ほど待機です。
大人しく景色などを見ながら時間を潰していると、そろそろ開店時間。オイラの姿を見かけたスタッフの方が声をかけてくれました。
「ご予約のばりさく様ですか?」
いやはや、オッサン一人でハニトーを予約しちゃう自分自身が恥ずかしくも誇らしい。

エレベータホールから

一番乗りで店内へ通されたんですが、「あまり奥だと女性客に囲まれてしまいますから」と一番手前の広いスペースを勧めていただきました。さり気なく嬉しい気遣い、さすが高級ホテルですな。

そして待つこと15分、ようやくご対面となりましたよ。

ハニートースト

ずっと恋い焦がれていたハニトー、とくに一口めの美味しさは格別でした。時間に余裕がないこともあって一心不乱に食べたんですが、体調不良でスッカラカンだった胃袋にいきなりドカンと詰め込んでしまったので、胃が動かず胸やけしそうになりましたけど。
万全の体調の時に再チャレンジしたいです。

幕張ベイエリア

食べ始める前はハニトーしか頭になかったけど、食べ終えると景色を眺める余裕ができますね。仕事に行かねばならないので残された時間は僅かでしたが、紅茶を飲みながらしばしマッタリ。

そうそう、千葉マリンスタジアムが見えましたよ。今度は野球のシーズンに来たいな。

千葉マリンスタジアム

ここで運を使い切った感じでしたが、お仕事も無事に完了。メデタシメデタシ。
posted by ばりさく at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・クッキング

2010年11月28日

ヤバイなぁ・・・

金曜日から続く体調の異変が継続中。とくに消化器系の異常が3日目に突入してしまった。

明日の出張までに治そうと思って、昨日も病院で点滴してもらったんだけど・・・今のところ効果なし。このままじゃ、秘かに計画しているささやかな企みにも影響してしまいそう。
おっと、それは本気でヤバイぜ。

そういえば、体温38度って立派な発熱らしい。

「微熱が続いてるんです」
「何度くらい?」
「38度ちょっと」
「そりゃ微熱じゃないよ」

いつ頃からか、38度は微熱だと思い込んでたよ。
posted by ばりさく at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体・健康

2010年11月25日

無意味な食欲不振

ずっと微熱と関節痛と倦怠感で体調不良。昨日はパブロンとリココデを飲んで午後8時に布団に潜り込んだんですが、寝過ぎのせいか腰が痛くて目が覚めました。

早朝5時くらいだったかな。それからは座った姿勢で寝てましたよ。
以前はいくら寝てもそんなことなかったのに・・・これも歳ですかね。

歳といえば、体調不良でそれなりに食欲も失われるようになりました。以前は食あたりでもしない限り年中食欲旺盛だったのに。
ちなみにここ数日は、朝は味噌汁だけで済ませ、昼は職場の弁当を少し残し、夜はパンとスポーツドリンクという生活です。

それなのに、体重が減らないのは何故?人体のメカニズムって不思議ですな。
posted by ばりさく at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体・健康

2010年11月23日

お届け物

仕事から帰宅したら、Amazonから段ボールが届いてました。

中身は「冬のソナタ」・・・今年3月に発売予定だったのが中止になってたんだけど、ようやく発売開始になったヤツです。もちろん、これはオイラのではなくて家族用。
早速開封してパッケージを見せたら、予想以上に大喜びして「一生涯の宝物じゃ」とか言ってましたよ。

ところで、家族にとっては初めてのDVDなので、プレイヤーの使い方やらディスクの取り扱い方やらを説明しなきゃならないんですが、これがたいぎい。このボタンを押したらトレイが出てきて、ディスクを入れてもう一度押したら中に入って、メニュー画面が表示されたらリモコンのこれを押してからこれを・・・って感じですが、一度で憶えられるはずもなく。

まぁ当分は何かあるたびに呼びつけられるのを覚悟しなきゃいけないかな。

冬ソナDVD
posted by ばりさく at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2010年11月22日

勤労の日

明日は勤労感謝の日ですな。

カープのファン感謝デー、バンドフェスティバル、そしてグレンミラーのコンサートと、行きたいイベントが目白押しだったんですが、オイラはお仕事なのでどれにも参加できません。

ま、こればっかりは仕方ないよね。

ちなみに、もし休日だったら・・・今回はグレンミラーに行くつもりでした。新球場でのファン感もまだ行ったことないので、来年のお楽しみにしたいと思います。
posted by ばりさく at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2010年11月21日

図書館的人生Vol.3 食べもの連鎖

アステールプラザにて、イキウメによる「図書館的人生Vol.3 食べもの連鎖〜“食”についての短篇集〜」を観劇。

『#1 前菜 人の為に装うことで、誰が不幸になるっていうんだ?』
菜食料理の教室に通い菜食主義に心酔している妻が、ライターである夫をベジタリアンに洗脳しようとするが・・・。

『#2 魚料理 いずれ誰もがコソ泥だ、後は野となれ山となれ』
遊びや換金目的の万引きを嫌悪するプロの万引き男が、自分と同じ美学を感じる懸賞プロの女性に恋をするが・・・。

『#3 肉料理 人生という、死に至る病に効果あり』
老人所在不明事件を取材中のライターが、50年以上前に失踪した医師に酷似した菜食料理研究家を訪ねるが・・・。

『#4 デザート マヨネーズの別名は、全体主義的調味料』
菜食料理研究家が、助手とともにテレビの料理番組に出演するが・・・。

食べ物をテーマにした4つの短編からなるオムニバス。ただ、短編と言っても登場人物や設定には一貫性があるので、4つのエピソードで構成された一つの物語のような印象です。
ただ、エピソードに継続性はないし、たった一行のあらすじでも判る通り#2だけがテーマとしても物語としてもちょっと異質な感じがするので、それぞれ独立した作品なんでしょうね。

#1は、騙されて激昂する夫にすっごく共感しちゃいました。怒りと悲しみのせいで言葉が出ない夫の代わりに、妻を怒鳴りつけたい衝動に駆られてしまいましたよ。
逆に#2では、美学を理由に自分の犯罪を正当化する主人公にイライラ。

#3は、他人の血のみを口にすることで長寿を手に入れた男性の半生と苦悩がよく描かれていました。食物連鎖ならぬ負の連鎖を断ち切るために覚悟を決めるものの、その行動自体は想像にお任せっていう流れも含めて見応え充分。
そしてラストの#4で、#3の設定を利用したコメディで軽く笑わせてもらいました。

こうやって並べてみると、#3がメインディッシュで#4がデザートって感じで、ちゃんとコース料理のように構成されてるんですね。短編といえどもそれぞれの作品は見応えがあり、一冊の小説を一気に読破したような満足感を得られました。
シンプルながら夜空の月のように見える舞台美術や照明の使い方も良かったし、何より役者さんたちが上手いです。舞台上の4つのテーブルをキッチンにしたりベッドにしたりしながらテンポ良く進むストーリーがとても心地よかったです。

ただ残念だったのは、中ホールの一階席すら埋められない広島の限界。良質で楽しいお芝居だっただけに、次回も広島で観たいですけどね。

図書館的人生Vol.3 食べもの連鎖
posted by ばりさく at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇鑑賞

2010年11月20日

何これ?

どうやらオイラはパーティー(結婚披露宴?)に呼ばれているらしい。誰からの招待なのかは判らないけど、出席することになってるみたい。

ここは空港の近くにあるデパート。これからに飛行機に乗るようだ。
しかし、その前に買い物をしようと、何かを必死で探している。

時計を見たら8時30分。午前か午後かは判らない。
9時には飛行機に乗らなくちゃ・・・いや、9時に結婚式が始まるんだっけ。

どっちにしろ、すでに遅刻じゃん・・・って感じなんだけど、とりあえず慌ててる。そして焦る。
そしたらトイレでメガネを落として壊してしまう。

テンプルが取れただけでレンズは割れてないけど、このままじゃダメなのでメガネを買いに行かなくちゃ。でも、メガネ屋を探してる時間はない。

とりあえず智の部分を見てたらネジで取り付けられそうだったので、やってみたら修理成功。ただ、どう見ても構造がメガネじゃないけど、ま、いっか。

メガネはこれで大丈夫みたい・・・。

・・・ってところで目が覚めた。夢だったのは良いけど、この夢って何かの暗示?
思い当たることは何もないんですけどね。もしかして凶報の前触れなのでしょうか。

それより何より、いったいデパートで何を探してたんだろう。
posted by ばりさく at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2010年11月18日

自衛隊は暴力装置

どこぞのおバカな官房長官の発言がまたしても物議を醸してますな。

「自衛隊は暴力装置である」

発言の直後には撤回され謝罪までしているものの、騒動はなかなか収まりそうにないようです。

しかし、この発言はべつに間違ってないんですけどね。っていうか、政治家が軍隊を暴力装置と認識してないとしたら、それこそ大問題。
マックス・ウェーバーの言葉を引き合いに出すまでもなく、こんなことは常識だと思ってましたけどね。

他国を攻めるにしろ自国を守るにしろ、正当化された手段として暴力を行使するのが軍隊です。また、自国を守ると言いつつ、自国民を犠牲にして国家権力を守る道具として使われた歴史もあります。
だからこそ、文民統制で自律と自制が求められるわけでしょう。

現在の自衛隊がいかに重要で崇高な任務を担っていたとしても、物事の本質から目を逸らすのは大きな間違いです。政治家はもちろん、自衛隊員にも自覚しておいてもらわなければならない大事なことですよ。
それが理解できてない政治屋こそ、批判に値すると思います。
posted by ばりさく at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・行政・経済

2010年11月17日

一票の格差

7月の参院選の一票の格差をめぐって、東京高裁が午後の裁判で「違憲」判決を出したようですな。午前の裁判では「合憲」判決を出してたそうで、同じ裁判所で同じ日に判断が割れるとは、ちょっと興味深いです。

これまで参院選の格差は5倍前後で推移していたんだけど、最高裁の「6倍くらいまでは合憲」という根拠なく意味不明な判例のおかげで是正が進んでいませんでした。今回のように高裁レベルで違憲と判断されるのは17年ぶりとのことで、著しく不平等な状態が長期間継続していると司法が認定し、国会に「さっさと抜本的な改革をすべき」と釘を刺したと言えるでしょう。

ただ、他の裁判では「合憲」判決が出ており、違憲判決が確定する可能性は高くないでしょうね。だって統一判断をする最高裁は「違憲状態」って言えばマシな方で、相も変わらず「合憲」だと寝言を言いそうですし。
それにしても、違憲判決を出しながら選挙の無効請求は棄却するというのも理解しかねます。こんなトンチンカンなことしてるから、一向に是正が進まないんですよ。

こういった裁判こそ、裁判員裁判にしてみたら良いと思います。
posted by ばりさく at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・時事問題

2010年11月16日

巨神兵の出番だよ

100メーター(平和大通り)がどうも混んでるなぁ・・・と思ったら、ドリミネーションが始まってたんですね。

昨年とあんまり内容は変わってないけど、色とりどりのイルミネーションは綺麗ですな。たくさんの幸せそうな人たちが見物してますよ。
そんな光景を愛車の運転席から眺めながら、思わず叫んでみました。

「焼き払え!」

さらにもう一言。

「なぎ払え!」

しかしながら、一閃のビームも発射されず。

「どうした化け物、さっさと撃たんか!」

残念ながらオイラはクシャナ殿下ではないので、頭上を見上げてみても夜空が広がってるだけ。世界で最も邪悪な一族の末裔さんの姿はありません。
あの巨神兵がいてくれたら、腐ってても2発はビームを撃てたのにな。そしたら・・・(以下省略)。

あれからもう一年か・・・。
posted by ばりさく at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2010年11月14日

柚子

柚子を採りに田舎へ。戸河内から三段峡にかけて紅葉狩りらしき人たちをたくさん見かけましたが、今日の目的は柚子、ゆず、ユズ。

到着して早速確認してみたら、なかなかどうして思ってた以上にたくさんの実がついていました。ちょうど黄色に色づいた頃で、タイミングも良かったみたい。

柚子

高枝切バサミの使い方を少しレクチャーしただけで、収穫作業は家族任せ。「痛っ!」って声が聞こえたから心配して聞いてみたら、ハサミで掴み損ねた実が頭を直撃したらしい。
来年からはオイラの仕事用ヘルメットを持ってこよう。

柚子

1本しかない柚子の木から、たくさんゲットしましたよ。っていうか、こんなに持ち帰ってもどうしたものやら。

柚子

さて、その頃オイラは刈払機で笹林と格闘した後、ノコギリで桑の木などを切りまくっておりました。本気でチェーンソーが欲しくなりますな。

柚子

日頃の運動不足のおかげで、すでに肩と腕が筋肉痛みたい。明日ヤバイかも・・・。
posted by ばりさく at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2010年11月13日

グダグダな休日

何も予定のない休日。なんと久しぶりにお酒に手を出してます。

べつに黒田のメジャー残留が決まって落ち込んでるとか、そんなんじゃありません。個人的な事情でヤケ酒って感じがしないでもないけれど、泣いてないし怒ってもないし。
チビチビ飲みながら、演劇のDVDを鑑賞中。

たまたまスーパーのお酒売場で、ネクターのお酒を見かけたので思わず買っちゃったんだよね。やっぱりネクター好きは避けて通っちゃダメでしょ。

お酒

ついでにお総菜の天ぷらを買ってきたんだけど、帰宅してからのワケワカメな会話。

A: 「このレンコンは『ゴロゴロ』すりゃぁええん?」
B: 「ゴロゴロって何?」
A: 「いや、何でもない」
B: 「ええけえ、ゴロゴロって何よ?」
A: 「レンジ!」
B: 「そりゃ『チン』じゃろうが」
A: 「めんどくさかっただけよ」
B: 「『チン』より『ゴロゴロ』って言う方がめんどくさいじゃろうに」

レンジで温めることを「ゴロゴロ」と表現する人を初めて見たよ。
posted by ばりさく at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2010年11月11日

貧乏労働者の愚痴

この10年、給料が上がってないんだよね。

いや、実際には10年前に転職したときにガクーンと下がって、それから数年かけて徐々に戻したんだけど、その後もう何年も昇給が止まってやんの。いつだったか会社に直談判してみたら、「派遣先が単価を上げてくれない」って理由で却下されちゃったし・・・。
派遣先から会社に支払われる時間単価が2千円ちょっと。そこから会社に半分近くピンハネされて・・・結局、大卒初任給よりも低い給料のまま初老に突入かぁ。

それでも以前は気楽な立場だったから、なんとか気分的にスルーできてたんだけどね。最近は何かと業務の負担が増えてしまったので、かなり鬱です。
やり甲斐が増えたって言い方もできるけど、ただ忙しくなっただけだしなぁ。もともと、そんなポジティブ思考できるタイプじゃないし。

じゃぁ会社に戻れば万事メデタシかというと、そうでもないんだな。社内には待望論もあるらしいけど、労働条件がさらに悪化しちゃうので自分自身にその気がないのよね。
ま、周囲の事情だけで明日から戻ることになる可能性もある立場なので、自分の意志なんか関係ないんだけどさ。

10年前の転職は、間違いなく正解だったはず。以前の会社はとっくに業務変更してしまったからね。
いつだったか通りがかりに知ったんだけど、長年働いた工場はキレイサッパリ更地になっておりました。

だけど・・・いろいろ考えてしまう今日この頃。なんかイヤなことがありそうな予感もするし・・・あぁヤダヤダ。
posted by ばりさく at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2010年11月10日

ふりかけ

昼食用の「ふりかけ」の備蓄が切れたので、補充のため仕事帰りにスーパーへ。

どこの会社でも昼食には弁当屋さんの配達サービスを利用してたりしますよね。オイラが現在お世話になっている派遣先も、某社から配達される弁当です。
これがまた極端に内容がしょぼくて、社内でも評判だったりします。

メインのおかずが冗談抜きで「こんにゃくとオクラ」だったりしますからね。こんなんで午後から仕事できねー・・・って声を大にして言いたい。
あ、さすがに最近このツートップは見かけません。ちなみに今日のおかずは「アジの干物」でした。

本来ならソッコーで弁当業者を変えたいところですが、現実はそうならないので我慢するしかありません。外へ食べに出るのもガソリン代がかかるしね。

そんなわけで、ふりかけへの依存度が高くなるわけですな。

今日はちょっと贅沢をして、いろんな味が楽しめるパックにしてみました。

ふりかけ

大人のなんとかにしようかとも思ったんだけど、なんか高いよね。
posted by ばりさく at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ・クッキング

2010年11月08日

ダメ人間

毎度恒例、自分のダメっぷりに嫌気が差してます。

いくら封印したつもりでも、ふとしたきっかけで炎は燃え上がってしまうのね。勘違いだと判っているくせに・・・懲りないヤツです。

ま、誘惑を抑え込んだのは立派でした。っていうか、暴挙に出てしまう前に逃げ出しただけだけどさ。
困難から逃げてばかりなのはどうかと思うけど、そのおかげで明日も生きていられそうだし・・・。

なんてね。

チーズケーキ

あ、写真は出張で行った神戸みやげのチーズケーキ。
posted by ばりさく at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2010年11月06日

お買いもの

本日の観劇ハシゴ第2弾。アステールプラザにて、東京タンバリンによる「お買いもの」のソワレを観劇。

とあるデパートの婦人服売場に勤める買い物好きの女の子。気に入った洋服などを後先考えずに購入してしまい、今日も友人たちに「お金を貸して!」と頼み込む。
断られてしまった彼女は、以前の職場で知り合った男性編集者に電話をかけるのだが・・・。

東京タンバリンはその名の通り東京で活動する劇団なのですが、作・演出の高井氏がアステールプラザで演劇講座の講師をされており、来年2月の演劇引力廣島プロデュース公演でも演出を担当されることになっているので、何かと広島に馴染み深い劇団です。
昨年の「雨のにおい」が好印象だったので、とても楽しみにしていました。

会場である多目的スタジオに入ると、花道のようなステージを囲むように座席が配置されています。昼の観劇で見切れでちょっと残念な思いをしたので、きょろきょろ悩んで左奥に座りました。
どこから見ても見にくいシーンがあるけど、どこから見ても楽しめる作品なんですけどね。

いろんな人間関係が一つのステージで同時進行のようにリンクしているのが何とも楽しく見応えがありました。どこにでもありそうな日常会話を、こうも面白く見せてくれるのが演劇の素晴らしさでしょうか。
その中で自分の知らない世界である「耳かきエステ」のシーンはとくに面白かったです。最後くらいミツヨさんを選んであげて欲しかったなぁ。

さて、終演後はプレゼント抽選会を挟んで、お楽しみのアフタートーク。昨年と同じく映画監督の本広克行氏を招いて、主宰・高井氏とのざっくばらんで楽しいトークを聞くことができました。
ちゃっかり質問もさせてもらったし、最初から最後まで充実した観劇でした。プレゼント抽選は外れちゃったけどね。

お買いもの
posted by ばりさく at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇鑑賞

ぼっけえ、きょうてえ

今日は観劇のハシゴ。まずは不動院にて、いちえプロジェクトによる「ぼっけえ、きょうてえ」のマチネを観劇。

不動院・金堂

文明開化の時代、岡山の遊郭に醜い女郎がいた。ある夜、怖い夢を見るせいで寝付けないという客に請われ、自らの身の上話を始める。
それは悲しくもおぞましい生い立ちと、誰にも語るはずのない秘密であった・・・。

この物語は岩井志麻子原作の短編怪奇小説で、数年前にジャパニーズ・ホラーとして映画化されたこともある作品です。タイトルの「ぼっけえ、きょうてえ」とは岡山弁で「とても怖い」という意味で、岡山で育ったオイラとしては懐かしい響き。
ホラーといっても幽霊や妖怪が出てくるわけではなく、かつての日本に実在した人間社会の暗黒面をえぐる内容です。

主人公の女郎が語る土地と血、そして性が織りなすドロドロした人間関係をあっけらかんと語る姿が印象的でした。悲惨な生い立ち、孤独な境遇、残酷な行為が目の前で演じられるわけではないので、語られる内容を想像するしかありません。
気分が悪くなるっていうより、なんか落ち込んじゃいますね。

そして、ここまで秘密を話しちゃって最後はどうなっちゃうんだろう・・・と思いつつ迎えたクライマックス。屏風が倒れてそこには・・・残念ながら見切れてしまってて見えませんでした。
終わってから見れば良いか、と思ってたら、カーテンコール前にそっと直されてしまって確認できず。冒頭に語られた小泉八雲の「葬られた秘密」とのリンクを楽しみにしてただけに、何か仕掛けがあったのだとしたらちょっとガッカリかな。

さて、今回の公演は国宝である不動院の金堂での上演。観客席から右方向を見上げたらご本尊の薬師如来像が見守っている・・・そんな感じの会場でした。
壁の隙間からは外からの暖かい日差しが入ってきたり、子供の遊ぶ声や鳥の鳴き声なども聞こえてくるので、どこかのんびりとした雰囲気が物語の世界とは馴染まなかったかも知れません。ソワレの方が物語の雰囲気をさらに堪能できたかも知れませんが、金堂を一歩出たときの明るさがあの世界からの脱出を感じさせてくれたようにも感じました。

ぼっけえ、きょうてえ
posted by ばりさく at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇鑑賞

2010年11月05日

尖閣動画が流出

尖閣諸島の日本領海内で海上保安庁の巡視船が中国の漁船に衝突された事件。先頃国会で証拠の映像が限定的に公開されましたが、一般への公開はなかなか実現されませんでした。
その動画がまさかの動画サイト流出・・・帰宅して早速見てみましたが、いろんな意味で言葉を失いますね。

現時点では断定できませんが、この動画はほぼ間違いなく本物でしょう。この動画を見て「コツンと当てただけ」とか「逃げまどって当たってしまった」とか言っていた国会議員がいたようですが、彼らの目は顔の飾りでしかないのでしょうか。

それにしても、動画流出は公務員としての服務規程に違反しているはず。世論を背景に役人の勝手を許していては法秩序が保たれないし、危機管理の甘さや情報管理の不備を正すためにも早急な流出ルートの調査し、犯人が判明すれば罰することも必要でしょう。

しかし、「よくやってくれた!」と快哉を叫んでしまう自分自身がいるのも事実です。一番の問題は、この重大な情報を隠蔽しようとした政府にあります。
すぐに一般公開していれば何も問題なかったはずなのに、おバカな為政者の誤った判断のおかげで、残念な結果になってしまいましたね。
posted by ばりさく at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・時事問題

2010年11月03日

sunshine

良い天気ですね。

心地よい日差しにウットリします。

でも、昨夜から頭痛と腹痛でグッタリしてるオイラには眩しすぎ。

拾い食いはいけませんね。心当たりはありませんが・・・。

今日が休日で良かったです。
posted by ばりさく at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話