2010年08月31日

サーフィンUSB

夏休みも今日で終わり・・・っていうのはまったく関係ないので仕事してましたが、定時でとっとと切り上げてアステールプラザへ。ヨーロッパ企画の第29回公演「サーフィンUSB」を観劇。

ヨーロッパ企画

「水の7年間」で水没した近未来の東京。「アキハバレー」と呼ばれるドームの中で人々は文明を継続させていたが、「サーファー」と呼ばれる一部の人間は海に残り、サーフィンをして楽しく暮らしていた。
ある日、アキハバレーの社員である女の子が海にやって来た。躊躇しつつも靴を脱ぎ、ある決心をして一歩踏み出そうとした瞬間、サーファーたちが戻ってくる。
そのうちの一人が溺れているのを女の子が発見し、見事救出に成功するが・・・。

大好きな劇団であるヨーロッパ企画の「曲がれ!スプーン」以来の本公演。何ヶ月も前にチケットを購入し、今日までとても楽しみにしていたんですが・・・正直言ってちょっと物足りない内容でした。

ファンタジーを基にしつつもコンピュータやネットワークを題材に加えた背景設定はお見事ですし、舞台美術の素晴らしさなどもヨーロッパらしく期待通り。そして今回は舞台に「海」を作り、出演者が飛び込むと姿が消え、戻ってくるときにはちゃんと濡れているってシステムには感動しました。
そして彼ららしくグダグダな会話も魅力的で、群像劇としてはとても面白かったんですけどね。

まず、物語の進み方がちょっと鈍重に感じました。とくにハンバーガーのシーンは長過ぎたんじゃないかな。ボケを繰り返す面白さもしつこいと飽きてくるし、テンポが悪くなってたと思います。

それに、ストーリーが盛り上がらない割に違和感がある展開が気になりました。とくにアキハバレー営業社員の一人がサーファーになるシーンは唐突すぎやしないでしょうか。
後から説明はありましたが、それならそれであんな感じにはならないんじゃないかな。
残念ながら、ずっと違和感が残りましたね。

ビックリの人魚や伝説のサーファーなど、笑える設定やシーンが多くて楽しい観劇でしたが、今回はちょっと辛口になってしまったかな。でも、これも期待の裏返しなので、次回作を楽しみにしたいと思います。

それにしても、チケットまだまだ余裕あり・・・と知ってイヤな予感がしてましたが、まさか2階席を閉鎖するくらい苦戦してるとはねぇ。あまり盛り上がらない広島で月末の平日となると厳しいかなぁ。

劇団メンバーの石田・土佐2名がホームテレビの深夜放送「アグレッシブですけど、何か?」に出演してるから、劇団の知名度はそこそこあるはずなんですが、タイトルからはどんなお芝居なのか判らないし、コアな観劇好きやヨーロッパ企画ファンでないと足を運びにくかったかも知れませんね。
次回作、ちゃんと広島に来てくれるかなぁ・・・。

ヨーロッパ企画
posted by ばりさく at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇鑑賞

2010年08月29日

もったいない

せっかく勝てるゲームだったのに、またしても投手陣の乱調で負けてしまいましたね。打線は最後までよく粘ったと思いますが、今夜は絶対に勝たなきゃいけない試合でした。

6回表、一死一塁の場面で、林が小笠原へ四球を与えるシーンでイヤな予感がしてましたが、まさかここから5点も取られるとはねぇ。連続四球に押し出し四球・・・もうダサ過ぎ。

今までの鬱憤を晴らすチャンスだったのにさ。
posted by ばりさく at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

2010年08月28日

たった2安打での勝利

昨夜の逆転勝利の余韻がまだ残ってる今夜のゲーム。

嶋のツーベースと廣瀬のツーランによる2安打のみで勝っちゃいましたね。どちらも四死球で出したランナーを生還させたってことで、効率的な攻撃でした。

対するジャイアンツ打線は10安打しながらも、得点はジオの暴投による1点のみ。今夜はリリーフ陣が打たれながらも要所を締め、無失点で抑えきったのが大きかったですね。
最終回の横山はヒヤヒヤでしたが・・・。

とにかくこれで2連勝。明日も勝って3タテしちゃいましょう!
posted by ばりさく at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

2010年08月27日

大興奮の逆転サヨナラスリーラン!

夏休み最後の地元3連戦、ジャイアンツ戦の初戦に行ってきました。今夜は三塁側の内野席でじっくり観戦です。

試合開始前

試合前のグラウンドでは、スライリーが夏らしく(?)ハワイアンな腰蓑をつけてパフォーマンス。

スライリー

試合開始前に腹ごしらえ。今日は梅津プロデュースの冷たい塩ラーメンを食べてみましたが、麺が固すぎでアウト。
麺を冷やして食べる場合は少し長めに茹でるのが基本中の基本なんですが、作る人がレシピを理解できてないのかな。

梅津の塩ラーメン

さて、カープ先発は中田。若さ溢れるピッチングを期待したいところですが、初回ツーアウトを取ったところで一発を浴び、早々に失点。
2回と5回にも被弾し、5回4失点とイマイチな内容でした。

中田

インターバルでアストロビジョンに映し出される「ヒーロー選手との記念撮影」の抽選(スパイ大作戦のテーマのヤツ)をジッと見つめる二塁塁審。

二塁塁審

2点を追う3回裏に梵、赤松、栗原のタイムリーで見事逆転したものの、5回にラミレスの特大弾で再逆転を許す展開。その裏、二死三塁のチャンスを作りますが、栗原はセンターフライ。
ここで追いつけなかったのが吉と出るか凶と出るか・・・。

チャンス活かせず

売り子さんと一緒にCCダンス。

CCダンス

ありゃ、スライリーの腰蓑が取れて、妙に艶めかしいポーズに・・・。

スライリー

8回に岸本、9回には大島が登板し、両者とも三者凡退で無失点。あの屈辱的な大敗の記憶が少し和らいだかな。
しかし、10失点の梅津は登録抹消されちゃったので、当分先になりそう。

大島

2点を追う9回裏、一死一塁の土壇場で飛び出した岩本の同点ツーランは素晴らしかったですね。頼りになる長距離砲という存在は、来季以降のカープにとって貴重な戦力になること疑いなしです。

同点ツーランの岩本

延長戦に入り、11回表に横山が痛恨のツーランを浴びて2点を追うその裏の攻撃。9回に同点弾を打った岩本の打球はバックスクリーン左へ飛んでいき、ホームラン・・・かと思いきや、審判団が集まって協議しビデオ判定へ。
たしかに微妙な打球でしたが、判定の結果は見事ホームラン!

審判団協議

小窪ショートゴロの後、倉と梵が連続四球で一死一・二塁のチャンス。代打・石原が凡退し、野手を使い切ったところで打席には天谷。
この日は途中出場し2打席とも四球で出塁していて、この打席も1−3のカウントになったので、また四球かな・・・と思った瞬間。

天谷

弾き返した打球がライトスタンドへ飛び込み、超劇的な逆転サヨナラスリーラン!
天谷を迎え入れる選手たちの笑顔、そしてチームメイトの輪に飛び込む天谷の背中がステキ!!

逆転サヨナラスリーラン!

午後10時を過ぎ、鳴り物が使えなくなった球場には、トランペットや太鼓に負けないくらい大きな歓声が響き渡っていました。この時間まで多くのファンが残ってましたからね。

スコアボード

ヒーローインタビューはもちろん天谷。次打者が栗原なので、自分で勝負してくると思い、絶対に回そうと思っていたそうな。

ヒーローインタビュー

まだ興奮冷めやらぬ広島市民球場。いやぁ良いゲームでした。
今季は一方的にやられまくってる印象が強いジャイアンツ戦ですが、今までの鬱憤を吹き飛ばしてくれましたね。

広島市民球場

さぁ明日、明後日も勝とう!
posted by ばりさく at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

2010年08月26日

派閥争いにウンザリ

9月に予定されている民主党の代表選に、小沢前幹事長が出馬するそうな。

自身(と鳩山前首相)の「政治とカネ」問題で鳩山政権の支持率が急落し、引責辞任したのは3ヶ月前。しかも検察審査会の二度目の議決を待つ状況での出馬表明には違和感がありますね。
そりゃ立候補は個人の自由でしょうが・・・そもそも、国民の支持が得られるとは思えない小沢氏出馬を支持する連中が民主党内に多いのにも驚きます。

まぁ管首相のリーダーシップのなさ、直面する諸問題への対応力のなさ、無為無策ぶりには呆れてますけどね。今は政権内で派閥争いなんてしてる場合ではないのに・・・。

それにしても、ここで鳩山氏がしゃしゃり出てくるのってどうなの?「首相経験者が影の実力者として影響力を持つのは良くない」なんて言っておきながら、自身の引退を撤回した挙げ句にキングメーカー気取り。
よくもまぁ恥ずかしげもなく出てくるもんだ。厚顔無恥の生きた見本ですな。

政権交代は正しかったが、民主党だったのが不幸だった・・・そんな風に思う今日この頃。
posted by ばりさく at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・行政・経済

2010年08月25日

役所を解体したら良いのに

所在不明の高齢者が相次いでいますな。あちこちで江戸時代に生まれた人たちが生存している状態の戸籍が残っていることが判明しているようです。

まぁ事情はいろいろあるんでしょうが、住民登録されてなければ実害がないってことで放置されてきたんでしょうか。しかし、戸籍が信頼できないってことになると、社会システムの根幹が崩れてしまいます。
役人が仕事をしてないってことは周知の事実ですが、呆れる職務怠慢ですね。

それにしても、5年毎に実施してる国勢調査とかと役所が管理しているデータって整合性がとれてないんですね。今回発覚している高齢者が国内最高齢の記録に反映されてなかったってことは、各統計の元になったのが何のデータなのやら・・・。

第三者が本気でチェックしたら、もっとボロボロでてきそう。役所にいるヤツらはとりあえず全員クビにして、解体的出直しができたら良いのにね。
posted by ばりさく at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・時事問題

唖然呆然

7回に7点取られて3点差をひっくり返された挙げ句、8回には一挙10失点。

こんな屈辱、もう笑うしかありませんな。
posted by ばりさく at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

2010年08月24日

閉店商法としてはお見事だけど・・・

日清食品のカップラーメン「ラ王」が、大々的な販売中止キャンペーンを実施してから1ヶ月もたたないうちに復活するんだそうな。

もともとは生麺だったのをノンフライ麺として発売するそうですが・・・要するにただのリニューアルだったんですね。それを「追湯式典」だとか言って消費者を煽りまくったのは、在庫整理のためでしょうか。
注目を集めたってことでマーケティングとしては大成功なんでしょうが、感心できない手法ですね。まさに典型的な閉店商法。

ま、ラ王なんて何年も食べてないオイラは販売終了のお知らせにも「ふ〜ん」って聞き流しただけでしたけど・・・。スーパーに買いに走った人もいたんだろうなぁ。
posted by ばりさく at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2010年08月22日

齊藤、完投勝利!

約1ヶ月ぶりに市民球場へ。ベイスターズ戦を観戦してきました。
ナイトゲームとはいえ、まだこの時間は日差しが強くて暑い暑い・・・。

広島市民球場

試合開始前、子供たちがグラウンド整備に参加してました。

試合前のグラウンド整備

カープの先発は齊藤。序盤からランナーを背負いまくる苦しい立ち上がりでしたが、4点をリードした4回表くらいから落ち着いてきましたね。

カープ先発の齊藤

打線は2回に廣瀬と岩本のホームランで3点を先制すると、3回にも栗原の犠牲フライで追加点。
7回には木村のタイムリーと相手の悪送球で2点を加え、勝利をほぼ確実にしました。

栗原の犠牲フライ

CCダンスにも子供たち。楽しそう。

CCダンス

天谷プロデュースのソースカツ丼を食べてみました。ソースの味しかしないのは気のせい?

ソースカツ丼

ラッキーセブンのジェット風船。甲子園の迫力には負けちゃうけど、やっぱりこの風景が良いよね。

ラッキーセブン

それにしても天谷がフェンス際でホームランをもぎ取ったスーパーキャッチには興奮しましたよ。打球がオイラのいるライトスタンドへ飛んできたんですが、「これはもう届いちゃうな」と思いながら打球の行方を追っていたら、着地点にいきなりグラブがあるんだもの。

それが天谷のグラブだと認識した瞬間のスタンドの盛り上がりは凄かったです。アストロビジョンに大写しになった齊藤の表情が面白かったなぁ。

スーパーキャッチの天谷

その齊藤は、あと1人ってところで完封こそ逃しちゃいましたけど、ナイスピッチング。優勝争いとか順位とか関係なく、こんな試合を見ることができたのは嬉しいですね。

スコアボード

それはそうと、東出が登録抹消されてました。右肘痛だそうな。
大丈夫なんかなぁ・・・。
posted by ばりさく at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

一服の清涼剤にならず

久しぶりにソレイユでレイトショーを観てきたよ。

ちょっとした事情があって、普段は絶対に観ないであろう「ハナミズキ」をチョイスしたんですが・・・これが大失敗。

オイラは他人の不幸は嫌いですが、他人の幸福はもっと嫌いなので、基本的にただのラブストーリーは大キライ。それを承知でチャレンジしてみたんですが、途中で席を立ちたくなるのって、滅多にない経験ですよ。
ちゃんと最後まで観たけどね。

ま、ラブストーリーなんて設定も展開も陳腐なもので良いんでしょうが、全体的につまんなかったです。模型船の帆に書いた「ありがとう」のシーンだけが見どころかな。
ま、文句なしにガッキーは可愛かった。あと、たしかに彼はカッコ良いな。
べつに張り合うつもりはありませんが・・・。

やっぱり一服の清涼剤にはならなかったなぁ。

さて、さすがにこのまま帰るのは気分が悪すぎるので、口直しにそのままナイトショーで「インセプション」を観ることにしました。これは正解でしたよ。
面白かったってのもありますが、ちゃんと気分直しになったもんね。オイラの荒んだ心には、ラブストーリーよりも現実逃避のための夢世界が必要なのかも・・・。

そういえば、「踊る大捜査線3」をまだ観てないんだよな。友人と観ようと約束してるんだけど、仕事やら何やら忙しいらしくてさ。
そろそろ終わっちゃうかも知れないので、近々都合がつけば良いんだけど・・・誰か一緒に行かない?
posted by ばりさく at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ・芸能

2010年08月21日

南原でパスタ

良いお芝居を観た後は、余韻に浸りながらパスタを食べようと南原峡方面へ。

このパスタ屋さんは以前、沼田にあったんですよ。美味しくて、プラス150円で1.5倍ってオプションがあったので、沼田にあった頃は結構お気に入りだったんです。
でも、ここ数年行ってなくて、久しぶりに行ってみたら無くなってて、調べてみたら2年くらい前に移転してたってわけ。

セットのサラダ。カルパッチョな感じで味付けもしっかり。

サラダ

セットのピッツア。一人前の小さなカットピザです。

ピッツア

メインのパスタ。ベーコンとタマネギやニンニク、シイタケのトマトソース。激辛って書いてあるけどピリ辛なので、タバスコをプラスね。
ちなみに麺1.5倍にはしてませんよーだ。

パスタ

いやぁ、ずっと気になってたので、来てみて良かったです。ただ、場所的にはかなりハードルが高くなってますね。
だって、沼田の時より小さなお店になっているので、せっかく来てみて満席だったりすると広島市内まで戻るのがタイヘンかも。予約すれば良いんだろうけど、男1人か2人では・・・ちょっとねぇ。
へへん、どうせカップルばかりだろうしさ。

あ、ちなみにこのお店には、残念ながらハニトーはありません。
posted by ばりさく at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・クッキング

初夜と蓮根

南区民文化センターにて、演劇ユニット体温による「初夜と蓮根」のマチネを観劇。

自宅をリフォームしたばかりの松永家。長女は1ヶ月後に医師である男性と結婚することになっており、引きこもり気味な長男が少し気がかりではあるものの、幸せな一家だった。
ある日曜日の昼下がり、家族が食卓に集まってきたところで、長女が突然口にした思いがけない言葉から、騒動が勃発する。
「ねぇ、お父さんたちって、セックスしたことあるの?」

幸せそうな家族にだって、いろんな悩みやトラブルがあるでしょうが、今回のテーマはセックスレス。しかも結婚してから(出会ってから)一度もしてないという夫婦と、子供たちの奮闘を描いた作品です。

結婚を控えた長女が「自分たちが本当の子供ではないことを知っていた」ってことを打ち明けるまではありがちな設定ですが、次のあの一言から急展開。どんな結末が待っているのか興味津々でしたが、あまり先読みすることなく、落ち着いてストーリーを堪能することができたように思います。
ただ、暗転の時間が長くて現実に引き戻されちゃうのが気になりましたけど。

実力のある俳優陣が揃っているので、渋いお芝居は見応えがありました。とくに長女役の女優さんはやっぱり上手いや。
それに、長男の実役の俳優さんは、挙動不審な感じがハマってましたね。大団円で迎えたフィナーレでの咳き込みはアクシデントなのかな。
良いタイミングで会場全体が和みました。

それにしても、場の空気が一変する「でちゅ」な女の子の登場シーンは楽しかったなぁ。またこれが意外な展開を見せるのも良かったです。

そうそう、蓮根って序盤とラストのシーンを繋ぐキーワードになっていたんですね。でも、ラストでの台詞にはもう少し時間経過のリアリティが欲しかったかな。

さて、毎年この季節に良質なお芝居を提供してくれるので楽しみにしていた今回の公演。期待通り素晴らしくて大満足でした。
明日が千秋楽なので、興味を持たれた方は是非、南区民文化センターへ。

ただし、観劇中は必ず携帯電話の電源を切ってくださいね。マナーモードの振動すら迷惑だから必ず電源を切るよう事前にアナウンスされているのに、今日も思いっきり着信音を鳴らしたバカがいましたよ。
ああいった連中は、市中引き回して打ち首獄門にすべきですな。

初夜と蓮根
posted by ばりさく at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇鑑賞

あのハニトーとご対面

さっき飲み会から帰宅。いっぱい食べて、たくさん歌って、とても楽しい時間でした。
ちゃんと先月のハニトーツアーの報告もできたし。

でも、幸せな人たちの中に一人だけ不幸なオイラがいるのって、どうしても居心地の悪さを感じる瞬間がありますな。まぁ状況的に仕方がないし、ここで愚痴を言っても・・・って、ここはオイラの愚痴を書くための場所なんだっけ。

さて、普段「ハニートースト」でネット検索してると、あちこちで必ずヒットするハズレ情報のアイツと初対面しましたぞ。たしかにハチミツがかかったトーストには違いないし、味も悪くないんだけど、求めてるモノとは明らかに違うのよね。

小鉢で添えられているアボカドディップが意外にアボカドっぽくなくて、ちょっと拍子抜け。

アボカドディップは甘いハニートーストがお好き

それにしても、カープはマエケンでベイスターズに負けちゃいましたか。すでに消化試合の様相ですが、未だに泥沼というかドツボって感じですな。

カープもオイラも、不甲斐ないことで・・・やれやれ。

カラオケでみんなが歌ってたPVクリップをペタッ。



posted by ばりさく at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・クッキング

2010年08月18日

コイ大敗

高卒ルーキーの今村が期待の先発でしたが・・・いきなり4失点とは残念でしたね。それにしても3回表からロングリリーフを任されたはずの青木高が見事に期待を裏切ってくれました。

今日は仕事帰りにホームセンターへ寄ってたんですが、到着までに0―5。買い物を終えたところで3―10。
いったい何が起こったのかとビックリしましたよ。

その後、友人と食事をしてる間にも投手陣は打たれまくったようで・・・すでに何を求めるって状況ではありませんが、一方的にやられまくる試合はどうにかして欲しいものですな。
posted by ばりさく at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

2010年08月17日

はぁ・・・

元気ですか?

オイラは元気じゃないです。

ま、いつものことです。
posted by ばりさく at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2010年08月15日

連休最終日

お盆休みも今日で終わりです。とくにお盆らしいことは何一つやってなかったんだけど、最終日にとりあえず墓参り。

墓参り

あとは炎天下の中、ひたすら草刈り。春に頑張って刈ったはずの場所が、すっかりジャングルに戻ってやんの。
見た瞬間は心が折れましたが、肩をすくめて現実を受容した後は刈払機を担いで突撃です。

草刈り

明日から仕事だっていうのに、もうバテバテ・・・。
posted by ばりさく at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2010年08月14日

ギオンのイオンにて

祇園のイオンモールでうろちょろ。

何を思ったか、本屋で中学一年生用の数学のドリルを手に取ってみた。
ページをパラパラっとめくってみて、そっと閉じて、一呼吸おいてから一言。問題の意味が・・・判らん。

ドリル

夕食にパスタ。しかし、スパゲティ茹ですぎ。
アルデンテって言葉がすっかり浸透してる割に、なかなか好みの歯応えに出会えませんね。

大盛をチョイスできるのはグッド。

パスタ

帰りに、たい焼きを買い食い。パリパリっとしたこの薄皮がたまらん。
最近は何故か白いもちもちタイプがブームで幅を利かせているけど、断然こっちの方が好き。

たい焼き

最後に・・・カープ、今日も負けてるじゃん。
posted by ばりさく at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2010年08月13日

プチツアー?

東広島にて。
トロピカルハニートースト・・・でっかいパイナップルがインパクト。周囲の視線がちょっぴり気になります。

ハニトー

三次にて。
季節のハニートースト・・・マンゴーソースとバナナですな。

ハニトー

岩国にて。
ハニートースト超スペシャル・・・アンテナに引っかかった新情報を素早くチェックしてみました。

ハニトー

もうヤケですよ、自棄。
posted by ばりさく at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・クッキング

2010年08月12日

雨月物語

東区民文化センターにて、第七劇場による「雨月物語」を観劇。

雨月物語とは、江戸時代後期に出版された上田秋成による読本の代表作。中国の白話小説を題材にした怪異譚9篇からなる作品で、今回のお芝居はこの9篇を一つの物語に再編したものだそうな。

スタジオとオープンプラザ(中庭)を連ねた会場では、スタジオ内から中庭を望むように座席が組んであり、半野外のステージとなっています。当然、一般の人が中庭を通るし、あけぼの通りを走るクルマも見えるし、市民球場からの歓声が聞こえたりする環境・・・ちょっと新鮮ですね。

開演前にプレトークとして主宰・演出家の鳴海氏が登場し、上田秋成と雨月物語について簡単な説明をされました。「ストーリーを追おうとせず、目の前に起きることを感じて欲しい」というアドバイスが印象的でしたね。
このアドバイスのおかげで、冒頭の難しい台詞に囚われることなく、作品を眺めていられたような気がします。

それでも、なんとか台詞や登場人物の相関関係や物語を理解しようと頑張ってはみたんですが・・・やっぱり無理。一言で言っちゃえば「ワケわからん」な感じなんですが、それでも物語の大筋は感じることができたような気がしないでも・・・。

終演後はアフタートーク。制作の方とゲスト、それに演出家の3人でいろんな話をされました。
笑いたっぷりで、時々うんうんと肯かされるような話が聞けました。お盆中とはいえ平日ソワレで満席だったようですし、貴重な経験でした。

野外ステージということで、もし雨が降っていたらもっと雰囲気が出たかも知れませんね。役者さんたちはタイヘンでしょうけど。

雨月物語
posted by ばりさく at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇鑑賞

2010年08月11日

盆休み

今日から日曜日まで盆休み。しかし、デートする相手もなく、どこかに出かける用事もなく、経済的な余裕もなく、そもそも台風がやって来てるので、おとなしく自宅にいます。

せっかくなので、しばらくほったらかしにしていた演劇ブログを更新。壊れたスキャナはとっくに買い換えていたんだけど、7月に観劇がなかったこともあって、放置状態になってたんだよね。

公演情報をエントリーし、未掲載だったフライヤー(チラシ)画像を載せ、ついでにスライドショーを設定したり・・・。



台風のおかげで過ごしやすかったので、エアコンを切って窓を開けて作業をしていたんですが・・・いつの間にか降り出した雨が吹き込んできてました。スキャンを終えたフライヤーだけでなく、枕や布団まで濡れてやんの。

それにしても、台風は意外にそこそこ荒れてくれましたね。次に期待ですな。
posted by ばりさく at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話