2009年05月31日

大竹、記録途切れるも5勝目

大竹の連続無失点記録更新が43イニング2/3で途切れ、少々ため息混じりにラジオを聞いてた今日のイーグルス戦。終盤に1点差にまで追い上げられ、最後は勝てたことに安堵する乱戦になりました。

大竹は6回に二死からソロを打たれて、さすがに気落ちしたんでしょうか。本人も試合後に反省してましたが、2点目は取られちゃいけませんね。

それにしても今日は中継ぎ陣が誤算。相手の走塁ミスにも助けられましたが、横山、シュルツともに精彩を欠きました。
その点、3人できっちり締めた永川の安定感が光ります。

さて、だんだん調子が上がってきている打撃陣の見所は、4回表の無死満塁。この大チャンスでツーアウトになり、無得点で終わるのかなぁ・・・って思わせておいて3得点したシーンですね。
しかし、8回表の二死満塁でも追加点を取って欲しかったな。

さぁ、これで5年ぶりとなる5連勝。とりあえず明日も勝って、5年ぶりの6連勝といきましょう。
posted by ばりさく at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

真夜中の文化祭

夜中にごそごぞ外出し、ヲルガン座って喫茶店の企画「真夜中の映画館」が行われた横川シネマに行ってきました。
「様々な人たちによる私のオカルトショー」と銘打って繰り広げられるロビーライブと、映画本編の上映ってプログラムで、今夜上映される作品は白石晃士監督作品の「オカルト」です。

まずは会場である横川シネマのコンパクトなロビーにイスが並べられて、文化祭的なノリでのライブショー。あらかじめ登場順を書かれたガムテープを貼られた出演者たちが、各人思い思いのパフォーマンスを披露します。

音楽喫茶ヲルガン座の企画らしく、楽器を使ったパフォーマンスが多かったんですが、彼らの醸し出す不思議な雰囲気、演奏というよりも意味不明で怪しげ、いや危なげな空気が観客を楽しませてくれます。
8番目のオーラスで白石監督ご自身が登場。司会の女性を巻き込んでのコント炸裂。

オカルトショー

それから劇場内に移動。すると中央の階段に横たわる血まみれの人影が・・・。
一瞬、人形かと思ったら・・・目が合っちゃった。キャーッ!

ニヤッ・・・

上映に先立って、白石監督が再び登場。壇上にて簡単にご挨拶。
この映画はホラーを題材にして怖い作品として描いているけど、笑える作品でもあるんだよってお話をされてました。

白石監督舞台挨拶

なかなかどうして、楽しい深夜の文化祭でしたよ。

オカルト
posted by ばりさく at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ・芸能

2009年05月30日

ブログ移転

こちらのブログに引っ越して以来、迷走しっぱなしのココログのアカウント。片想いの心情を書き綴ったりいろいろ試行錯誤を繰り返してたんですが、今日になってようやく方針決定。

母校吹奏楽部関係のコンテンツを、ココログへ移転させることにしました。ついでに高校時代の回想録を再分割して、サーバー内へ統合するつもり。
年に数回しか更新しないので、ブログシステムを使用するのはもったいないんですが、編集はしやすいですからね。

そんなわけで、相変わらずサイトの構成がチョコチョコ変わっています。それなのにコンテンツの内容が充実しないのが困りもの。
メインコンテンツであるカープのページにしても、応援歌を追加するのが精一杯だもんな。

反省反省・・・。

2009年05月29日

オールスター

2009年のプロ野球オールスターゲームの開催要項が発表になりました。スケジュールは以前から公表されている通り、以下の日程で開催されます。

第1戦 2009年7月24日(金) 18:30 札幌ドーム
第2戦 2009年7月25日(土) 18:10 マツダスタジアム

昨年に引き続いて球宴の冠スポンサーがマツダですから、以前から予定されていたこととはいえ、その名を冠した新球場での開催は面目躍如って感じがしますね。というわけで、広島で14年ぶりに開催されるオールスター、チケット獲得は非常に困難でしょうな。

そういえば、第1戦の中継局がなかなか決まらず、あわや地上波のテレビ放送がなくなるところだったんだそうな。交流戦での真剣勝負にファンが一喜一憂することが定着し、その一方で球宴の人気はどんどん低迷しているんだとか。
視聴率が二桁がやっとってレベルでは、たしかにコストパフォーマンスに疑問符がつきますもんね。

かくいうオイラも、最近はオールスターに魅力を感じてないもんな。お祭り気分は好きだけど、やっぱり真剣勝負の方が見応えがあるからでしょうね。
posted by ばりさく at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

2009年05月28日

逆転で4連勝!

今夜は呉二河球場でマリーンズと対戦。市民球場なら行けたのに・・・なんて思いつつのテレビ観戦。
昨夜のマエケンに続き、今夜はルイスが3勝目。

それにしても5回裏の逆転シーンはカープナインの執念でしょうか。二死から同点タイムリートンネルと勝ち越しの内野安打。
ため息が歓声に変わる瞬間を実感しましたよ。

シュルツのアクシデントで8回から永川が登板したのには驚きましたが、若干ヒヤヒヤしたものの、しっかり抑えてくれました。中継ぎを含めたリリーフ陣が安定しているので、先発が序盤に大崩れしなければ良いゲームになりますな。

そうそう、一軍に上がってすぐに先発起用されたルーキーの岩本が、プロ初打席で初安打。結局は4打数1安打に終わりましたが、今後の活躍に期待ですね。
posted by ばりさく at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

2009年05月27日

署名TVが有料化へ

以前、星野仙一氏のWBC監督就任に反対する署名活動で利用したサイト「署名TV」が有料化するそうな。

今日届いたメールによると、広告収入の伸び悩みによって無料での運営継続が困難になったんだとか。そこで、NPOやNGO以外の個人や団体が新規に署名プロジェクトを作成する場合は有料になるみたいです。
作成されたプロジェクトに賛同して署名する場合は、これまで通り無料で利用できるようですね。

さて、実際の署名活動でもいくらか費用がかかりますから、きちんとした目的を持って署名活動をやろうって人間は「無料」ってことにこだわりはないかも知れません。無意味なプロジェクトが乱立する事態を避けるためにもメリットはあるでしょう。

でも、この価格設定てどうなのかな。半年以内のプロジェクトなら5,250円、1年以内なら10,500円って、予想してたよりも高額だったのに驚きました。
これで利用者を一気に失って、サービス停止って事態にならなければ良いんですがね・・・。

2009年05月26日

クツ

靴の底に穴が開いたので、いや、穴が大きくなってきたので、仕事帰りに靴屋さんへ。そろそろ梅雨ですからな。
雨でも降ったら大変です。

それにしても、靴底がすり減るのが早いんだよね。安物だから?
いや、体重のせい?

そういや、よく「オシャレは足もとから」なんて言われますが、なんじゃそれって感じ。靴は消耗品なんで、機能性と価格重視でございます。
posted by ばりさく at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2009年05月25日

大竹、連続無失点記録更新中

先発の大竹がピンチを招きつつも要所を締めるピッチングで7回無失点。更新中の連続無失点記録は38イニングに伸び、セ・リーグ歴代10位タイだそうな。

初回にいきなり二死満塁のピンチを背負うなど、決して調子がよいわけではない立ち上がりでしたが、ここで点を与えなかったのが大きかったですね。どんな局面でも動じず、落ち着いて投げられるようになって、エースの風格が出てきたような・・・って誉めすぎ?

打線はたった5安打でしたが、栗原の2試合連続ツーランなどで3得点。打線の繋がりはまだまだですが、足を使ってチャンスを作るなど攻撃のリズムは良くなってきたような気がします。
投打が噛み合うようになってきたってことかな。

さて、連続無失点記録の1位は金田正一さんの64回1/3だそうな。しかもトップ10に3つも名前が・・・。
まぁ1位を目指せとは言わないけど、とりあえず藤川の記録を超えたいな・・・なんてね。

1位 64回1/3 金田正一(国鉄)1958
2位 49回1/3 別所毅彦(読売)1955
3位 47回2/3 藤川球児(阪神)2006
4位 47回   小川正明(阪神)1962
5位 44回   堀内恒夫(読売)1966
6位 42回1/3 金田正一(読売)1965
7位 41回   江夏 豊(阪神)1969
8位 40回1/3 大矢根博臣(中日)1956
9位 39回   金田正一(国鉄)1959
10位 38回   城之内邦雄(読売)1965
10位 38回   大竹 寛(広島)2009 ←今ここ
posted by ばりさく at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

2009年05月24日

連敗ストップ

交流戦の初戦こそ快勝したものの、その後は貧打に泣いて3連敗。そんなカープは今夜から地元に帰って、ライオンズとの2連戦です。
月曜日が平日なのに日・月の2連戦って、カレンダーを間違いそうな日程ですね。

先発・小松がメッタ打ち

さて、先発の小松が試合開始早々、いきなり4連打を食らって一死も取れずに4失点した時には・・・心が折れそうになりました。正直、こりゃダメだわ・・・って思いましたよ。
それが、直後の1回裏に4点差を追いついちゃうんだからビックリ。

1回終わって4―4の同点

2回裏には二死から飛び出した栗原のツーランで、あっという間に2点リード。さらに4回にも赤松のタイムリーで追加点。
ここまでで赤松が3安打2打点と、チャンスを作ったり活かしたりの大活躍でしたね。

大活躍の赤松

そんな大逆転の後でも本調子に立ち直れず、不安定なままの小松でしたが、要所を締めて5回5失点。なんとか勝ち投手の権利を得ての降板です。

こうなれば、自慢の中継ぎ陣が踏ん張ってくれるはず。林、シュルツ、横山と無失点で継投し、最終回は守護神・永川が登板。
先頭バッターをサードのエラーで出塁させたものの、その後は危なげなく三者凡退に打ち取ってくれました。

これで永川は今季12セーブ目に加え、通算139セーブで球団記録を更新です。そんなわけで、お立ち台には永川とプロ初勝利の小松、そして決勝弾を放った栗原の3人が選ばれました。
小松は内容がアレだったので、嬉しさと照れくささが同居してる表情です。

プロ初勝利の小松

いやぁそれにしても今夜は風が強く寒かった。松山での日焼けで皮がむけてきたオイラの腕が、冷たくなって震えておりました。
やっぱり長袖にすべきだったかな。でも、心配してた雨に降られなくて良かったです。

連敗ストップ
posted by ばりさく at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

2009年05月23日

廿日市吹奏楽教室 第12回定期発表会

山小屋シアターを出て、緑井から沼田方面をドライブ。そして、次の目的地である「さくらぴあ」へ。廿日市吹奏楽教室のコンサートへ行ってきました。

【プログラム】
―第1部―
行進曲「双頭の鷲の旗の下に」
シンフォニア・ノビリッシマ
コヴィントン広場
マンボNo.5

―第2部―
クラリネット・キャンディー
A列車で行こう
私のお気に入り
「くるみ割り人形」ファンタジー

廿日市吹奏楽教室は、一般の吹奏楽バンドという一面と、障害が育種を目的とした楽器教室という一面があるそうで、今回も第一部の3,4曲目は吹奏楽教室の受講生による合奏発表、その他は部員バンドによる演奏でした。

受講生も部員もメンバーの年齢差がかなりのものらしく、小・中学生から還暦を過ぎた方までいらっしゃるそうです。インタビューで登場した66歳の男性は、3年前に受講生となって一から楽器を始められたんだとか。
マンボNo.5では軽快に、そして楽しそうにマラカスを振っていましたよ。

さて、印象に残った演奏は、シンフォニア・ノビリッシマと「くるみ割り人形」ファンタジーです。アンコールの「崖の上のポニョ」と「ラデツキー行進曲」も盛り上がり、ほのぼのとした暖かみのあるコンサートで心地よいひとときでした。

廿日市吹奏楽教室 第12回定期発表会
posted by ばりさく at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽

D.N.A.の笑劇場

山小屋シアターで、Team D.N.A.の「D.N.A.の笑劇場」公演初日のマチネを観劇。

タイトル通り、笑いを前面に押し出したお芝居、そう「吉本新喜劇」のような舞台を期待して行ったんですが、実際は出演者がいろんなチームに分かれてコントを披露するってプログラム構成で、前説から最後の挨拶まで含めて19の作品が披露されました。

それにしても、人を笑わせるってとても難しいことなんだな・・・って再認識。メジャーなお笑い芸人のように周りを笑いの雰囲気で難なく包み込むことができれば良いんですが、そうでない以上は完成度の高いネタで観客を引き込みつつ、安心感を与えるしかありませんもんね。

そんなわけで、結果として思いっきり笑えたかと問われれば、「否」としか答えようがないです。客席全体でクスクスって感じは何度かあったんですけどね。
三保憲一パワーが発揮された「セクハラ推進委員会」ですら、爆笑とはほど遠かったし・・・。

好意的に楽しもうと思ってたんだけど、もしかしたら審査員のようにしかめっ面してたかも知れないな。

ブレイクタイムのダンスも、善し悪しはともかく全体としてスベってる中ではちょっと・・・。ちぃむ作造の女性陣2人による二人芝居など、時折見応えがあるシーンもあったんですけどね。
でも、これは笑いをまったく企図していないお芝居だったんで、公演全体の評価を上げるポイントにはなりませんでした。

これがテレビのお笑い番組だったら、チャンネルを変えちゃってたな、きっと。

D.N.A.の笑劇場
posted by ばりさく at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇鑑賞

2009年05月21日

市民球場でもジェット風船禁止へ

いつの間にか降り始めた雨のせいで、しっぽり濡れて帰宅。これで風邪ひいて熱出したりしたら、発熱外来へ行かなきゃなりませんな。

さて、全国的に蔓延しつつある新型インフルエンザの感染防止のため、プロ野球が開催される球場ではジェット風船の使用を禁じる動きが一般的になりつつあるようです。カープ球団も球場内でのジェット風船の販売を中止し、24日から市民球場で行われるライオンズ戦から打ち上げ自粛への協力を呼びかけています。

それはまぁ結構なことなんですが・・・違和感があるのが「自粛」って言葉の使い方。球団が打ち上げるわけじゃないんだし、状況もそれなりに深刻なんだから、きちんと「禁止します」と言って欲しいですね。

もともと、風向きなどの条件によっては禁止する場合もある・・・ってアナウンスしてるんだしさ。

ま、どーでも良いことなんだけど、ちょっと気になっちゃいました。自粛とは他人に強制されるものではありませんから。
posted by ばりさく at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

2009年05月20日

ボス・イン・ザ・スカイ

仕事をとっとと切り上げて、NTTクレドホールへ。待ちに待ったヨーロッパ企画の第27回公演「ボス・イン・ザ・スカイ」を観劇に行ってきました。



突如人間界にドラゴンが現れ、暴れ回るようになった。しかし、ドラゴンに敢然と立ち向かう「ドラゴン戦士」がもてはやされ、一大ブームが巻き起こる。
しかし、ドラゴン出現が日常化することでブームは去り、彼らは注目されることもなく細々とドラゴン退治を繰り返す日々を送っていた・・・。

会場に入ってみると、客先が全方位に配置された円形舞台。そこに足場を高く組み上げたようなセットが鎮座し、さらにその上にはすでにドラゴンが・・・。

さて、ファミコンで「ドラゴンクエスト」をプレイしたり、映画「ロード・オブ・ザ・リング」を観てる世代にとってはお馴染みのファンタジーを現実世界に持ってきたって設定。今回の客層は若い女性が中心だから問題ないだろうけど、年配の方には世界観を理解するのに苦労する方もいらっしゃるかも知れません。

ただ、逆に若すぎると「ラーメン大好き小池さん」が判らない人が多かったかも知れませんが・・・。

幕が上がって、いきなりドラゴンを退治しちゃうわけですが、この作品の眼目はドラゴン退治ではなく、あくまでドラゴン退治をする人たちの群像劇。携帯電話にデジカメ、ブログなど現代のトレンドを詰め込みつつ、チーム、いやパーティーのメンバーが織りなす会話、雰囲気を楽しむってわけですね。

ただ、日常の風景を切り取っただけって感じで、盛り上がりに欠けた感じは否めないかな。円形舞台ってことで場の転換が難しいこともあり、クライマックスへの大胆な仕掛けもなく、淡々と物語が進んで、オチもなく終わってしまったって印象でした。

これが映画なら、あるキッカケでラスボスを倒す旅に出て大団円を迎えるでしょうし、それがなくてもドラゴンを転送するシークエンスでもう一波乱あるはず。この終わり方も悪くはないですが、もう一ひねりあれば良かったかな、なんて思います。

でもまぁ、期待通りしっかり笑わせてもらいましたから、充分満足しましたけどね。

ボス・イン・ザ・スカイ
posted by ばりさく at 23:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 演劇鑑賞

マエケン復調せず

市民球場開幕3連戦の2戦目で2勝目を挙げて以来、今日で5連敗の前田健。今日の先発登板も6イニング6失点で敗戦投手になったようですね。

ここのところ失点も多くなってきてるようですが、実際のピッチング内容はどうなんでしょうか。ボールにキレがないとか、ストレートが走ってないとか、コントロールが定まらないとか、ボールがうわずってるとか・・・などなど、調子が悪い光景がなかなか想像できないんですよね。

これが大竹や長谷川や永川なら、すぐにイメージできるんだけどな・・・おっと失言。

それにしても、ブログを始めた途端に勝てなくなった感じもします。ちょっと休止してみるのも良いかもよ・・・って思ってたら、本人もそう思ったようですな。
これで次の登板は大丈夫・・・かな?
posted by ばりさく at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

2009年05月19日

交流戦開幕

今日からセ・パ交流戦が開幕。カープの初戦は京セラドームで、バファローズとの対戦です。

さて、交流戦が始まった途端、今までの苦労がウソのように点が入りました。押し出し四球の1点以外、8点がホームランでの得点で、とくに赤松が6打点の大活躍。
これで打線がリラックスして、少しでも調子を上げてくれれば良いですがね。とくに東出の奮起に期待です。

それにしても圧巻だったのは先発の大竹。初回の二死満塁のピンチをしのいだ後は、これまで通りの安定したピッチング。
無失点イニングが30を越え、球団新記録となったそうな。久々の大量点も勝因だけど、やっぱり彼の好投が光りますな。

通算防御率も0.77とダントツでリーグトップと素晴らしい。是非このままの調子で頑張って欲しいですね。
posted by ばりさく at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

2009年05月18日

インフルエンザ流行の影響

関西方面で新型インフルエンザが流行し始めたせいか、職場のルールが追加になって、出勤前に検温して結果を報告しなければならなくなりました。これで38度以上だったら、出勤してはダメよってわけです。

面倒だけど、こればっかりは仕方ないかな。とりあえず体温計は・・・と・・・探してみたけど見つからない。そういえばいつだったか、踏んづけて壊しちゃったことがあったな。
あれから買い直してないんだっけ。

とりあえず、新しいのを買わなくちゃ・・・と仕事帰りに薬局へ寄ってみると、体温計のコーナーはほとんど売り切れ。ちなみにマスクはとっくに品切れ状態で、隣でおばちゃんがケータイで「子供用しか残ってないよ」って誰かと話してたり・・・。

んで、体温計はというと、一番高いヤツが残ってたので迷いつつもお買い上げ。まぁ価格差はたいしたことないんだけどね。
なんだかオーバースペックのような気もするけど、10秒で計測完了ってのは時間がない朝には嬉しいかも。
posted by ばりさく at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体・健康

2009年05月17日

声とことばのパフォーマンス公演その2

山小屋シアターにて、「声とことばのパフォーマンス公演その2」を観劇。

【プログラム】
1. 寺山修二の言葉ワールド
2. 宮沢賢治作『どんぐりと山ねこ』
3. 楽しく食べよう日本の詩(谷川俊太郎・茨木のり子詩集より)
4. 宮沢賢治作『北守将軍と三人兄弟の医者』

主催の音声学講座とは公式サイトを読んでみると、声のための呼吸法を磨き、正しい発声と良い響きを身につける基本を学ぶ講座だそうです。つまりこの公演は、基本的に朗読というスタイルをとりながら、もっと昇華したパフォーマンスを見せてくれるってわけですね。

さて、正直なところ「音声学」とは何ぞや?ってスタンスでの観劇だったこともあり、普通の朗読と何が違うのか判らなくて少々悩みました。もっと技巧的な違いがあるのかと期待してたんです。

それに、チラシに書いてあった「絵のないアニメ」ってコピーに興味を持ってたんですが、実際は「何が?どこが?」って感じで、結局よく判りませんでした。
舞台上の役者は喋らず、アテレコで表現するようなお芝居なのかな、なんて考えてたんだけどな。

でも朗読劇としては、いろんな趣向があって楽しめました。風の音やムチの音などの擬音(オノマトペ)を台詞としてしゃべるのは朗読ならではって感じなんですが、芝居の効果音として思い切って演じてたのが印象に残っています。

ただ、休憩をはさんだ後の「北守将軍〜」は、少々眠たくなってしまいました。もともと朗読は集中力を維持することが難しい上に、前日の寝不足がたたってしまったんですがね。
起伏のない展開と、場の転換に演奏される太鼓たちが睡魔を呼び起こして・・・あぁいかんいかん。

声とことばのパフォーマンス公演その2
posted by ばりさく at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇鑑賞

何やってんの!

プロ初先発の小松はよく投げたよ、うん。7イニングをソロホームランの1点のみに抑えたんだから、お見事と言うべきでしょう。

打線は相変わらずの貧打。それでもなんとか相手のミスで1点取って、さぁこれからって時にやっちまったんですな。

1―1で迎えた9回表、まずはライト前ヒットを廣瀬が後逸して一死三塁のピンチを作ると、今度は永川がお返しの暴投・・・。呆れて言葉もないですな。

こんなんで交流戦、大丈夫なの?
posted by ばりさく at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球

ある休日の過ごし方

昨日のこと。夕方くらいからゴソゴソ行動開始。

まずは先日壊れたメガネを修理すべく、タナカへ行って修理依頼。今回はありがたくも弁償してもらえることになってたので、手間は掛かるけど致命的な出費はないので助かったな。

それからちょっと小腹が空いたので、久しぶりに中国飯店へ。味も量も昔と変わらず、とにかく薄味でドカッと食べられます。
写真のインパクトを考えて、よせば良いのに焼きそばプラス麻婆丼(S)を注文した結果がこちら。

中国飯店

山盛りの焼きそばと「これでSサイズ?」って感じの麻婆丼、さらに頼みもしないのにご飯がやっぱりついてくる・・・これぞ中国飯店、恐るべし。

予定外でお腹いっぱいになったので、腹ごなしも兼ねてデオデオ近辺のホームグラウンドをブラブラ。ついでに宝くじ売り場で年末ジャンボを換金。
30枚で900円・・・あぁ夢見果てたり。

さらにソレイユへ行き、ディズニーストアでお買い物。初老の男がたった一人、ディズニーストアをうろついてる光景は喜劇か、はたまた悲劇なのか・・・。
買い物を終え、フードコートでジェラートを食べながら映画の時間を待つ。ちなみにイタリアンバニラとラムレーズンのダブルでごわす。

ジェラート

ゲームコーナーをうろつくと、UFOキャッチャーの中にドアラ(中日ドラゴンズのマスコット)発見。なぜか全国的に人気があるのは知ってるけど、お前さんだけかい?
せっかくなら、12球団全部のマスコットを入れてみれば良いのに。

なんだか人気なんです

そんなわけで、レイトショーで「名探偵コナン」、ナイトショーで「GOEMON」を観てきました。いつもより人が多かったのは、公開したばかりの「天使と悪魔」と、世間を賑わせている企画物「余命1ヶ月の花嫁」のせいかな。
それはそうと、今回のコナンは面白かったですぞ。
posted by ばりさく at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき・無駄話

スコアレスドロー

市民球場でジャイアンツとの3連戦。ルイス先発で必勝態勢だったんですが、結果は0―0の延長12回引き分け。
投手陣が12イニングを完璧に抑えても勝てんとは、いよいよ深刻な貧打モード突入ですな。

東出をライト守備に回し、マクレーンを初めてサードで起用するなど、マーティーもいろいろ考えてるんだろうけど、なかなか結果が出てくれません。いっそのこと栗原以外の総入れ替えでもすれば良いんだろうけど、そういうわけにもいかんだろうし。

それにしても、なんか球場へ行きにくい。オイラは事前に「この日に行こう」って予定を立てる習慣がなく、その日の気分でフラッと行くタイプだったんですが、新球場になってからは地理的な理由と混雑具合から「行くぞ!」って覚悟が必要になりました。

そのうち慣れていくんだろうし、混雑具合も落ち着いてくるんでしょうが・・・意識改革が必要だな。
posted by ばりさく at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ・プロ野球